証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

イマージさんのブログ

最新一覧へ

ムゲンエステート【3299】

今回は7/18にIPOした中古マンション再生銘柄の分析です。
売上の比率は不動産売買97%、賃貸その他3%ですが、その他事業も主力の不動産売買と関連性が高いため便宜上単一セグメントとして扱います。

【投資判断】
成長性:あり
財務:危険、倒産の可能性あり
一株利益:136.55円

成長性はありますが、財務が非常に危険です。首都圏分譲マンションを展開している大手のフージャースホールディングス(3284)に合わせようかと思いましたが、ムゲンエステートは比較にならないほど財務が危険です(フージャースHDの自己資本比率は40.3%)。フージャースHDの半値程度のPER(3倍)である409円を投資可能株価としておきます。

【成長性】

新規上場申請時の有価証券報告書から確認していきます。
http://www.tse.or.jp/listing/new/b7gje6000004k5mg-att/6MUGENESTATE-1s.pdf

首都圏一都三県を中心に、中古の不動産を購入後リフォームして再販する事業を手がけています。
売上高、経常利益ともに2013年度に急激な伸びを見せています。




新築マンションは年4~6万戸程度が首都圏に供給されているようです。
一度建築されたマンションは老朽化しても権利関係上簡単に取り壊すことは出来ず、住むことが出来る限り中古物件として市場をさまよい続けます。
今後新築マンションは過剰になると思われますが、解体される以上には新築が供給され、中古マンションは増え続けます。現状で建築済みのマンションは首都圏で約340万戸あり、バブル前後の物件を筆頭に老朽化が進むでしょうから、マンションリフォームは成長産業だと考えています。ムゲンエステートには成長性があります。

【財務】
悪いです。自己資本比率が17.7%と低い上、短期借入金が急増しています。(2,390百万円→4,516百万円)
資産内容も減損リスクのある販売用不動産(12,750百万円)、繰延税金資産(195百万円)、建物(442百万円)が総資産の8割(16,579百万円中13,387百万円)を占めます。
増資リスクならまだしも、再度リーマンショックのように景気が急激に悪化し金融機関の融資が受けられなくなった場合、最悪倒産する可能性があります。

----------------------------------------------------------------
なんでも証券取引所では、艦これから自民党まで取引可能な仮想証券取引所を運営しています。
http://nandemose.com/
登録日時:2014/07/31(19:03)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+15.1%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

77.4 22.6
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,360.54

▲ +85.55

TOPIX

1,477.20

▲ +10.24

JASDAQ総合指数

118.66

▲ +0.19

米ドル/円

114.04

▲ +0.18

ユーロ/円

122.18

▼ -0.38

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ