証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

montontonさんのブログ

最新一覧へ

7月前半約定(1-18日)、7月後半指値(22-31日)

7月前半は膠着状態だったものの、株価は高値水準を維持したため、買い約定は成立しませんでした。


売り約定は三菱重工665円1000株(買値530円)、

NTT6650円200株(買値6150円)、大成建設570円1000株(買値540円)

の3銘柄でした。

重工以外は以前高値で買ってしまった失敗投資の薄利での処分売りです。


7月後半買い指値

NTTデータ3450円100株


7月後半売り指値

TDK5400円100株(買値4300円)、三菱商事2250円200株(買値1800円)、

国内新興株1200円200口(買値1000円)


地政学的リスクがやや大きくなってきたようなので、どちらに振れるか分からず、

場合よっては売り買い共に指値を追加する必要が出てくるかもしれません。




  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/07/18(15:42)

通報する

このブログへのコメント

1~12件 / 全12件

  • 通報する

    2014/07/18(17:03)
    ようやく、少しまとまった売りが成立しましたね。

    私は、重工をもう少し上で待っています。(購入単価が高いという意味です。)
    もう少しどちらかへ動いてくれないと約定しません。 (>_<)
  • 通報する

    2014/07/19(11:31)
    おはようございます

    失敗投資と仰いながらも、利益確定できるところはさすがですね。
    私も高値掴みのNTTがあり、最近になってやっと若干の利益が出てきたところですし、
    配当が悪くないので、何となく売却しにくくなり、今もホールドのままです

    >地政学的リスクがやや大きくなってきたようなので、どちらに振れるか分からず、

    montontonさんの大局観はとても参考になります。
    ところで、montontonさんは信用取引とかオプションとかされますか?
    私が見落としていたのかもしれませんが、
    リスクヘッジについて書かれていたのを見たことが無いなあ、
    とふっと思いました。
  • 通報する

    2014/07/19(13:39)

    呑気呆亭さん、こんにちは

    いつもコメントありがとうございます。


    >重工をもう少し上で待っています


    日経も年初来高値近辺に来たので少しまとまった売りになりました。

    重工は残り1000株を588円で持っているので、

    740円で売却することになります。

    多少時間がかかりそうです。


    今年の買いの大部分は日経が14000円割れの頃ですから、

    日経が10%程度しか上がっていない現状では、

    個別株を25%の利益で売るのはなかなか骨が折れます。


    個別株のボラは日経平均より大きいのですが、

    それでも個別株で25%の利益を乗せるには

    日経が15%程度(16000円強)まで上がる必要があります。

    企業業績からすれば不可能なレベルではないと考えています。


    >もう少しどちらかへ動いてくれないと約定しません。


    新興市場は別にして、今年は日経銘柄の株価変動が小さすぎます。

    なかなか買いが約定しないし、

    買い約定してもなかなか売り目標価格まで届きません。

    去年が大きく動きすぎましたから、今年はこんなものかもしれません。

  • 通報する

    2014/07/19(14:25)

    小督さん、こんにちは

    お久しぶりです。


    >私も高値掴みのNTTがあり、最近になってやっと若干の利益が出てきたところです


    ポートフォリオの中にNTTのように安定的に配当を提供してくれる優良株を持つことは良いことだと思います。

    値動きを追いかけることだけが株式投資ではないと思います。


    NTTはリーマンショック後に3220円まで値下がりしましたが、

    倒産や無配の心配をすることなく安心して買い下がることができました。

    値動きは鈍重な銘柄ですが、長期的には安定した利益をもたらしてくれます。


    >信用取引とかオプションとかされますか


    両方ともやりませんし、その必要性も感じていません。


    私なりに信用等をする目的を整理してみると

    1.売りでも買いでも利益を出そうとする

    2.資金不足を補うためにレバレッジをかけようとする

    3.リスクヘッジとして利用する


    売りでも買いでも利益を出そうとすることは、

    売りでも買いでも損失を出すことにつながりかねません。

    二兎を追っても一兎も得られないかもしれません。

    最も易しい現物取引で確実に利益を出し続けるのが得策と考えています。


    資金不足対策の信用はその時点で勝ち目はないように思います。

    株式投資はカツカツの資金で血眼になってやるようなことではないように思います。

    使う予定のない余裕資金の中でゆったりとやるのが気楽だと思います。


    リスクヘッジとしてやるのは有効に使えれば有りかなとは思います。


    私は極めて古典的な投資手法を用いていますが、

    投資は人それぞれ考え方が違いますから、何が正解とは言えないと思います。

    自らの判断で最も良いと考える方法でやれば良いと思います。



  • 通報する

    2014/07/19(23:23)

    こんばんわ.


    いつも、愛読 させて頂いてます.

    TDK ・トヨタ や 大成 etc、僕の おはこ銘柄達( 相場観測銘柄 でもあり、

    売買の対象銘柄でもありの意  )で、楽しく、拝見 しています.


    刹那的な 日計り売買 で 資金 や 心身 を消耗したり、  折角 の 高値圏 での

    利食いを 逃したり、千載一遇 の 安値 での 出動機会 を 躊躇したり は、

    今も昔も 、米相場の時代から、相場参加者 の 大半 を 占めていると思います.


    montonton さん の 投資方法 は、正に、

    スタンダード 且つ、オーソドクッス な 株式投資 ですね.

    利食い指値 を 入れて置いて 、 悠然と 約定 を 待つ スタイル には、

    思わず 笑みが 出ます.

    みん株の 初心者の方は、 montonton さん の 投資方法 を たくさん

    の方が、読んで くれてれば 良いな! と 思います.          RYO

  • 通報する

    2014/07/20(15:23)

    Ryoさん、はじめまして


    私には相場が読めないので、株価を追いかけた売買はせず、

    株価水準の低いところで買いを入れて保有する方法を取っています。

    保有することにより銀行預金の100倍以上の利益をもたらすから

    本来はそれだけで十分だと思います。

    その上売買益も得られれば言うことはありません。


    明日何が起こるか分からないようなリスクの多い世界では、

    多くの人は株を保有すること自体がリスクだと考えて

    株を保有しない投資法を選択しているようです。

    それも一つの方法だとは思うのですが、

    相場が読めるような高度な能力を持った人でないと難しいような気がします。



  • 通報する

    2014/07/21(22:50)
    こんばんは
    再びです

    信用取引などに関するお考えを教えて下さいまして、ありがとうございます。

    >NTTはリーマンショック後に3220円まで値下がりしましたが、
    >倒産や無配の心配をすることなく安心して買い下がることができました。
    >値動きは鈍重な銘柄ですが、長期的には安定した利益をもたらしてくれます。

    私が現在保有するNTTは2001年に取得したもので、
    改めて金額を確認すると6600でした。
    その間、何度かナンピンまがいのことを繰り返しましたが、
    私はmontontonさんとは違って、
    買い値の半分になっても自信を持っていた訳ではありません

    幸いなことに、リーマンショック前はある程度利益確定はできていたものの、
    その後は下げるたびに買いを入れていたので、
    底を打つ頃には買えなくなっていましたから

    信用取引の口座は去年開設しましたが、未だ使っていません。
    今後、資金管理を十分注意しながら、自信があるときだけ、
    リスクヘッジを活用していきたいと思っています

    ありがとうございました
  • 通報する

    2014/07/23(16:54)

    小督さん


    >その後は下げるたびに買いを入れていたので、
    底を打つ頃には買えなくなっていましたから


    買い下がりやナンピンは戦略的にやらないと大変なことになってしまいますね。

    プロフィールには方法論的なものを書いてありますが、

    これを実際の取引に置き換えて実行するのは難しいかもしれません。

    難解という意味ではなく、心理的に難しいという意味です。


    コメントのやり取りを見ていて、この取引のコンセプトを完全に理解して、

    実際の取引に応用して頂いているのは呑気呆亭さんだけかなという気がします。


    例えばNTTを実際の取引にあてはめてみるとこんな感じになります。

    NTTのリーマンショック後の高値安値は6881円ー3220円ですから、

    これから買うとすると5300円から買い始めることになります。

    もし以前と同じように値下がりしてくれれば、4750円、4300円、

    3850円、3450円と5単元持つことになります。


    簡単な方法ですが、よほど信念を持っていないと、含み損の重圧から

    この状態で買いを入れる勇気のある人はほとんどいないと思います。

    たぶん大部分の人は底値付近で恐怖心で全部放り投げてしまうと思います。




  • 通報する

    2014/07/23(20:50)
    今晩は。

    > 実際の取引に応用して頂いているのは呑気呆亭さんだけかなという気がします。

    お互いに、基本的なスタンスや運用資金量が似ているので似た手法に収束するのではないでしょうか。

    私に「買い下がり」を指南してくれたのは、中学時代からの友人です。
    彼は単一銘柄に限定して実行しています。

    組織的な体系として運用されている例は、みんかぶに来る前、
    カブコム証券「お客さま広場」のtoshiさんでした。
    {みんかぶに来て、toshiさんとほぼ同じ手法でmontontonさんが運用しておられたので、同一人物かと思いメッセージでお尋ねしたほどでしたね。}

    多くの人は、トレンドフォローが失敗して塩漬けになっているのを
    買い下がりの含み損状態と区別出来なかったり。

    倒産の危険が高い銘柄を難平しても、同じ手法だと思っていたり・・・
    誤解は尽きないですね。 (^_-)-☆
  • 通報する

    2014/07/24(17:33)

    呑気呆亭さん


    他の方への返信で勝手に名前を使ってしまって申し訳ありませんでした。


    >お互いに、基本的なスタンスや運用資金量が似ているので似た手法に収束するのではないでしょうか。


    ある程度の資金量がある人には利用しやすい方法だと思います。

    年金資金なども本質的にはこの方法だと思います。


    年間の日経平均の上下動が30%前後の平均的な年ではルール通りの運用が有効なような気がします。

    この時の個別株の上下動は50%から60%で、

    数回の買い下がりで底値に到達します。


    しかし10年に一度来る大暴落ではルール通りにやると

    いつまでたっても底値に到達せず厳しいことになりますね。


    今失敗投資として薄利で処分売りしている銘柄は、

    アジア通貨危機、ITバブルの崩壊やリーマンショック等の大暴落で

    同じように買って高値で取り残されてしまった買付分です。

    もちろん同銘柄を下値でも買い下がっているので本質的な問題はありませんが、

    資金効率が下がってしまいます。


    大暴落の時はエントリー価格を高値から30%とか40%下に設定しないといけないかもしれません。

    しかし大暴落の始まりは大暴落になるのか分からないので、

    やはり判断は難しいかなという気はします。


  • 通報する

    2014/07/24(22:15)
    montontonさん 今晩は。

    たぶん、我々の共通点を指摘した方が第三者には解り易いと思います。
    {私の独断で特徴をまとめてみます。 (^_-)-☆}

    いろいろな外部状況を考慮してその場で投資判断(買い・売り・現状維持)をするスタイルは、裁量取引と呼ばれます。 {ファンダメンタルズやチャート,材料 etc.}
    これは、適切な正しい判断(正しい予想という意味です)を常に維持できれば無敵の投資法ですが、予想が間違えばたちまち損失につながります。 
    相場予想の難しさを認識すればこの投資法は使えないということになります。
    {これが第一の共通認識かな}

    これに対して、状況に応じて予め行動を決めておく投資法は、システムトレードになります。 株価だけに注目して売買を決めるのが我々共通の投資法ですので一種のシステムトレードです。

    工夫するべき点は、この投資法に向いた銘柄の選定や目安となる株価の決め方です。 

    買い下がりで一番怖いのは会社の倒産です。 これを避けるために様々な工夫がされています。 配当がきちんと出ているとか、いわゆる優良安定銘柄が選ばれているのはこのためです。

    株価の目安は、過去の株価変動から決める事になります。
    ヒントはこの程度で充分でしょうか?
  • 通報する

    2014/07/25(17:26)

    呑気呆亭さん


    うまくまとめていただきありがとうございます。

    呑気呆亭さんのご指摘通りだと思います。


    株価の流れに身を任せてゆったりと投資したいと思います。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

montontonさんのブログ
トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+15.9%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

78.9 21.1
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,996.37

▲ +230.90

TOPIX

1,525.36

▲ +12.67

JASDAQ総合指数

118.67

▼ -0.09

米ドル/円

115.22

▲ +1.20

ユーロ/円

121.50

▲ +0.47

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ