天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ753件目 / 全3483件次へ »

2014年5月15日(記録のみ)

日経平均 ; 14298.21 (-107.55、2日続落)
TOPIX ; 1178.29 (-4.86)
JASDAQ指数; 1943.35 (-1.57)
マザーズ ;693.19 (+7.94、3日続伸)

本日は記録のみ。今週も相場があまり見れませんでしたが、相変わらず冴えませんね。。。

-------------------------------

日経平均107円安と続落、一時169円安も引けにかけ下げ渋る=15日後場
5月15日(木)15時29分配信 モーニングスター

 15日後場の日経平均株価は前日比107円55銭安の1万4298円21銭と続落。後場中盤までは、前場からの1万4200円台後半でのもみ合いが継続した。中盤になると、株価指数先物に断続的に売り物が出て下げ幅を拡大し、午後2時19分には同169円82銭安の1万4235円94銭まで下落。日銀の黒田東彦総裁の講演を受けて、追加金融緩和を期待した一部投資家の売りが出たとの観測が聞かれた。売り一巡後は、大引けにかけて下げ渋った。東証1部の出来高は20億4265万株。売買代金は1兆8169億円。騰落銘柄数は値上がり585銘柄、値下がり1102銘柄、変わらず119銘柄。

 市場からは「決算発表での企業の先行き予想は慎重だが、上方修正の可能性があるとみている投資家は多く、現行の株価水準は割安であると意識されている。このため、きっかけ次第で上昇すると考えられているが、為替の動きを始め買い上がる材料がなく、動きづらい状況にある」(大手シンクタンク)との声が聞かれた。

 業種別では、クレセゾン <8253> 、三菱Uリース <8593> などその他金融、大和証G <8601> 、野村 <8604> など証券、島津製 <7701> 、シチズンHD <7762> など精密が東証業種別株価指数で値下がり率上位。個別では、15年3月期連結が2ケタ減益予想の大同工 <6373> 、15年3月期単体が減益予想のツクイ <2398> 、15年3月期連結が2ケタの最終減益予想の東和薬品 <4553> のほか、タクマ <6013> 、大真空 <6962> などが東証1部値下がり率上位。太陽誘電 <6976> 、ソニー <6758> 、日産化学 <4021> も売られた。

 半面、コスモ石 <5007> 、JX <5020> など石油石炭製品、三井不 <8801> 、住友不 <8830> など不動産、王子HD <3861> 、北越紀州 <3865> などパルプ紙が値上がり率上位。個別では、MBO価格の1株1875円にさや寄せしたローランド <7944> (監理)、15年3月期連結が2ケタ営業増益予想のローランドD <6789> 、15年3月期連結が2ケタ増益予想の旭ダイヤ <6140> 、14年6月期連結利益予想を引き上げたアルバック <6728> などが東証1部値上がり率上位となった。

 なお、東証業種別株価指数は全33業種中、22業種が下落した。

-------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/05/15(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。