収益性
54
活発度
56
人気度
52
収益量
51
投稿量
95
注目度
58

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ365件目 / 全1733件次へ »
ブログ

運転免許試験場にて起きた秘め事?

5/13(火)、二俣川にある運転免許試験場に赴いた。

昔と違い、試験場付近にあった公文書作成事務所は消滅し、

5時間まで700円の駐車場の入口に、その名残が看板だけ残っていた。

 

小雨が煙るような平日、午後の試験場は空いていた。

 

時間を潰そうと、喫煙所でタバコを吸いながら辺りを見渡すと、

小説を書きたいという欲望が自然と湧いてきて、

どうしても人物に視線がいってしまう。

 

人物描写をするとき、著名人の誰某に似ているという書き方は基本的に御法度らしいが、

色川武大や阿刀田高、浅田次郎、菅原文太風な御仁たちが、やわら目立っていた。

他にも、ブルース・ウィリス、ゴルバチョフ(オイラはプーチンだと思うけど)、

そして、小ぶりで若々し頃のブリジッド・バルドー。

 

ブリジッド・バルドー?

 

オイラの目が釘付けになった。

涼しげで淡いブルーの上着にジーンズ姿のブリジッド・バルドー。

 

その脇を通り過ぎたとき、少し目が合った。

あまりジロジロ見つめるのは、ちょっといただけない。

それとなく自然を装った振りをして、何度か視線を送った。

霊能者だというCHIEちゃんの視線を、真似てもみたりした。

松尾スズキとかが、演技しそうな視線だ。

 

列の前に並んでいたブリジッド・バルドーは、

証紙を張った書類を提出すると、

10メートル後ろにいたオイラの目の前を横切って、

次の窓口へ向かうのだった。

 

写真を撮り終え、講習室へ入って適当に着席した。

講義までまだ時間がある。

またまた一服しようと席を立つと、

いつの間にか二つ後ろの席にブリジッド・バルドーがいた。

 

おいおい、落ち着こうじゃないか。

 

タバコを吹かしながら、妄想が広がってきた。

なんで、オイラのすぐそばに着席したんだろう?

 

写真を撮るときには、互いの距離はさらに近づいていたので、

密かにちゃっかりと名前を確認していた。

オイラと同じ苗字だった。

 

講義が終わって、免許受け取りの際にもすぐそばに彼女がいた。

やはり何度か目が合ってしまう。

若くて独身かもしれないブリジッド・バルドー。

少し気の利いた男なら、絶対に声をかけるんじゃなかろうか。

ダメ元で。

 

けれど、オイラには無理な相談だった。

オイラが活躍できるのは素面の世界じゃない。

酒が入っていないと、てんで行動できないんだ。

しかも、それにはさらに満月という条件が必要だ。

 

駐車場から車を出すとき、

通りの向かいをブリジッド・バルドーが歩いて行くところだった。

 

やっぱり、目が合った。

なにやら彼女の瞳孔が大きく開いているようにも見えた。

 

あんまり視線を送るので、ちょっと、怒っていたのかもしれない。

それとも、そうじゃないのかもしれない。

 

過ぎてしまったことなので、後の祭りだ。

でも、今日の出来事は、小説を書くための土壌になるだろう。

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。