収益性
50
活発度
57
人気度
52
収益量
51
投稿量
92
注目度
55

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ364件目 / 全1728件次へ »
ブログ

日経筋に狙われている、月刊「ムー」?

「羊をめぐる冒険」を含めた三部作を読み終えてしまったオイラは、

手持ちぶさただった。

ふと部屋に目を向けると、読みかけだった月刊「ムー」5月号があった。

 

巻末には、次の様な驚くべき記事があった。

以下 「ウリャ」 :月刊「ムー」編集長 三上丈晴

   「メンチン」:その社員

かと思われる。

 

**********************************************

【日経MJでウリャ、経済を語る!?】 ~舞い込む取材の嵐!! 創刊400号大反響~

 

今、ウリャというか「ムー」がスゴイ!

それもこれもうれしいことに、「ムー」400号が大反響を呼んでいるのだ!!

 

その証拠にウリャがただいま、たくさんのメディアから取材を受けている。

正直、多すぎて私メンチンも追い切れていないのだが、今回つかんだ情報をできるだけ報告する。

 

まずは、フジテレビで放送中の朝の総合情報番組「ノンストップ!」(3月3日放送)。

なんと朝から陰謀、UFO、UMAなんて

胃もたれしそうなディープな内容がお茶の間に届けられたそうだ。

 

さらに極めつけは左の画像をご覧いただきたい。・・・①

ついに「日経MJ」にウリャが登場!!

「日経MJ」といえば、日本経済新聞社が発行する消費と流通、マーケティングの専門誌だ。

決してオカルト要素などないはず・・・・・・。

もしかして日経もついに裏社会のビジネスに手を伸ばしたのか!?

 

が、そんなことはなく、ウリャはマジメに「ムー」が400号を迎えられた秘訣を語っていた。

しかし、さすがウリャ。

マジメな取材でも安定した怪しさを醸しだしている。

**********************************************

★月刊「ムー」5月号

 学研 720円税込み P.166より抜粋

注①:真っ暗なバックの中に、ウリャが「ムー」を一冊手にして、

   こちらを睨みつけている画像を左隅に配し、あとは「日経MJ」の記事を囲み紹介している

 

う~ん、たしかに怪しい。

学研が苦しくなったら、「ムー」は日経新聞傘下になるのかもしれない。

 

  *

 

「ムー・ミステリー・コンテスト」は、400字詰め原稿用紙20~30枚。

フィクションではなく、ノンフィクション限定だという。

予選落ちした小説の創作部分をカットして、新たに浮上した話を足せば、さして手間じゃないけど。

(他の新人賞は、300~400枚とかで、しかも2千~3千のエントリがある)

出すか、出さざるか、思案のしどころ。。

 

誰にも信じてもらえそうもない話を、ノンフィクションとして書きあげるって、

なんか変な感覚だ。

誰にも信じてもらえそうもない話を、フィクションとして書きあげる方が容易いだろう?

やっぱりこれも、変な感覚だ。

 

予想だけど、チャレンジしても落ち続けていくのが当たり前とすると、

短い方からエントリしていった方が、ダメージの少ない省力的な作業になる。

そして落ちたら、だんだんと長篇化、フィクション化して他の新人賞へエントリするという戦略。

 

同時にホラー、ミステリー、企業小説など、いろいろなバージョンを試していけば、

イイ訓練にもなるのではないかと。

しかもその作業の途上で、新しいアイディアが浮かんで、もっとオモロクなる可能性もある。

 

こんな感じで、書いていってみようか。

プロじゃないので締め切りもない。

焦る必要もない。

趣味が当たればラッキーとして、気楽にやってみる。

 

PS:ただし、「ムー・ミステリ・コンテスト」は特殊。

   たとえば小説新人賞だったら普通は御法度な、

   資料や図、写真などどしどし添付せよとなっている。

   当時の自民党本部や民主党本部に出したメールや、DELLコンピュータとのやり取りなど

   付ければいいんだ、きっと。なんだ簡単じゃん。

   ヒュ~ドロドロ~♪ オモロそうだな。。

 

PS2:そんな異色なものを提出したら、三上編集長の髪は真っ白になっちゃうかもしれないな。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。