収益性
52
活発度
0
人気度
50
収益量
50
投稿量
61
注目度
50

ニッパチの星さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ104件目 / 全342件次へ »
ブログ

コンセンサスは当てにならない?

4-6月に日本株が暴落するとの予想が多いようですが、私は投資成果を上げる為及びお国の為(日本株下落により企業・消費者のマインドが低下することによる、リーマンショックの再来を阻止する為)に継続して押し目買いに臨みたいと思います。
 
私の素人考えですが、楽観している理由は次の通りです。(先週とほぼ同一内容)
 
①ウクライナ情勢については、オバマ大統領もプーチン大統領も国益を大きく損なう戦争や経済制裁を行う可能性は低い。仮に行っても日本の影響は軽微。4/15ウクライナでの強制排除で死者が出たのに金価格が2%以上下落したのには驚きました。世界の投資家の注目は他にあるのかもしれません。
 
②中国はイメージアップへの転換の可能性有か?習近平主席と親交がある胡徳平氏の来日や駐米中国大使の声明から対日への軟化の兆し有り。日・中関係が改善すれば、両国ともに最大の経済対策になるのでは?。東京都知事も4/24-26北京に行かれるとのことで有り、朗報を期待したいと思います。
 
③日本企業はトヨタに習い自社株買ラッシュの可能性有か?ベースアップもトヨタがリードした実績あり、特に配当の良い企業は借金してでも自社株買いをした方が得では?
 
④消費増税の影響については、ほとんどの企業や消費者は充分な検討期間があった為、対策を考えており、影響は軽微と予想される。
 
⑤日銀への追加金融緩和については、異次元の金融緩和を実施中にさらなる金融緩和を要求し、それを材料に不安を煽る方々は、余程愛国心の無い方のように思われ尊敬できません。
 

追伸(4週間同一内容)
 
今後の日本株価が短期的にはどうなるか全く解りませんが、中長期的には異次元の金融緩和の影響でほぼ確実にTOPIXは1500程度まで上昇するものと思われます。但し、外交、国内政治、外部環境の変化等により、大きく変動する可能性があると考えます。従って、割安と考えられるものの押し目をコツコツと買いたいと思います。但し何があるか解らないので、信用余力が100%を割った場合は、慎重に投資を行うことが無駄な損切りを抑えるのに有効だと考えます。信用需給のトレンドは2004年と近似しておりましたが、東京オリンピック決定で変化が見られ、0-3ヶ月とばしのようになる可能性があると予想します。最悪、昨年の6月7日TOPIX=1033近くまで低下する可能性は有りえますが、それ以上の下落は政府や日銀が何としても阻止するものと考えます。尚、NHKの籾井会長が辞任すれば外国人に好印象を与え、日本買い再開の可能性が高くなると思います。


  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    2日間で状況が大きく変化した可能性が有ります。甘かったようです。生き残り戦略に転換の必要があるか?
    安倍首相に期待したいところですが、無理かもしれません。当面は静観するしかないように思われます。



  • イメージ
    中国の商船三井所有の船舶差し押さえで、中国のイメージアップへの転換は無くなる懸念がありましたが、その後の報道で、日中両政府が1972年9月に調印した日中共同声明を「断固として守る立場に変化はない」とし、「外国から(中国に)投資している企業の合法的な権益を法に基づいて守る」とのことなので、イメージアップへの転換は継続の可能性が高く、安堵しました。
     
    中国側は日本政府の配慮の無い行動に対し、対抗姿勢を示すと共に、国際社会に対しては韓国と違い過去の共同声明は守るとイメージアップを計り、また中国に投資している日本企業を安心させています。この内容で中国国民の多くは納得しているようなので、今後は日・中の経済関係は良化する可能性が高いと考えます。


コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。