元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ366件目 / 全1684件次へ »

小説を書くために、また取材などと称して・・・

昨晩は、中学時代の同級生がやっている「漁り火」という店で飲んでいた。

火曜日は、ほぼ毎週、他の二人もやってくる日なのであった。

 

閉店の時刻にさしかかると。

ゲイバーに行こうとオイラは誘ったが、

みんなの同意は得られなかった。

彼らの行きつけなキャバクラに行こうという。

 

「色々な店を見るのも、物書きになるというのなら勉強だろうが?」

 

それもそうだと思い直したオイラの様子を見て、店主は言った。

「行くか」

「行こう」

都合4人で、藤沢駅南口に向かうのだった。

 

その店の名は「Emotion」といった。

なるほど、その名にふさわしく

己の情緒を誘い惑わすような、なかなかな美女揃いなのであった。

正直、AKB48をみても、さして感じやしなかった色気というものが、

オイラの視床下部や大脳辺縁系に、猛烈に襲いかかってくるではないか。

 

そうやってオイラが少しクラクラしている様子を、

他の3人はニヤニヤしながら眺め楽しんでいるようにみえるのだった。

(このクラクラした感情というのは大事だ。小説描写に繋がる材料だ)

 

オイラに憑いてくれた(?)女性は、

その源氏名を「MARIA」と名乗った。

大食い選手権に出てくる「ロシアン佐藤」に似ていた。

 

そう言ったら、MARIAは少し怒った風だったので、

ここではロシアン佐藤より、ずっと可愛い女ということにしておこう。

 

MARIAに、これから書くかも知れない小説の構想を話してみた。

お世辞かも知れないが、

「それ、オモロイかもわかんない。読んでみたい」

などと言うのだった。

 

すっかり気をよくしたオイラは言ってしまうのだった。

「よし、小説のスタートは今いるこの場面からにしたらどうだろう。

 その後、小説の語り部となるのはMARIA、君だ」

 

これには我ながら、「スケベ根性丸出しだよな」と想いつつも、

色々な意味でなかなか上等だったのではないかなどと、

実は自己満足にも浸っているのだった。

 

PS:MARIAにも、しっかりと出版の営業活動をしてきた。

   「1Q84」読んでみると言っていた。

   参ったか、村上春樹先生。。

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    Emotion MARIA
登録日時:2014/02/27(01:50)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。