東京228堂さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ213件目 / 全273件次へ »

7月13日 極私的ベトナム株勉強週間 5日目

TOPIX 1,783.20 +20.14
日経平均株価 18,238.95 +254.81

昨日のアメリカ市場は
NYダウ 13,861.73 +283.86
NASDAQ 2,701.73 +49.94
ダウ高値更新。小売り各社の決算がよかった、M&Aがらみ等大反発。
強い。14000ドルいきそうですねぇ。

日本市場もその流れを受けて一気に上昇。
日経平均は254円の大幅反発。まさかこんなに上げるとは。
新興市場もREITも反発しました。
為替は122円中盤。
アメリカ市場は企業決算も上ブレするでしょうし、
日本市場にもいい地合いになるかもしれませんねぇ。

中国市場は
香港 ハンセン指数 23,099.29 290.27 +1.27%
中国 上海総合指数 3,914.40 -1.60 -0.04%

インド市場は
ムンバイ SEN●●●30種 15,272.72 180.68 +1.20%
インド NIFTY指数 4,504.55 58.40 +1.31%

ベトナム市場は
VN INDEX 1015.73 -1.95 -0.19%
昨日に続いて今日もアジアは全面高状態。アメリカは偉大です。


ドバイ市場は
DFM Index 4,507.07 7.90 -0.18



いよいよベトナム株銘柄選定の最終局面になってきました。

昨日取り上げた条件
一定規模(400億ベトナムドン)以上の資本金について、
第2リニン水力発電と資材・石油株式会社が該当しないので脱落。

過去3年間の売上高・利益成長率が年10%以上維持できているかは、
ちょっと計算するのが大変なので(最低の理由ですねぇ)、
毎年着実に売上げ・純利益・EPSが成長しているかどうかを
条件にします。

なお、戸松さんの著作「ベトナム株」は過去の業績だけではなく
2006年~2008年の業績予想が掲載されているので、
こちらのデーターを参考にしました。
(2006年の業績はもう発表されて、対象銘柄はだいたい調べたのですが
便宜的に戸松さんの著作のデーターをそのまま採用します)
過去の業績・予想の業績の全てが上昇していたら◎
一項目だけマイナスの場合は○
数項目マイナスがあったり、数年間マイナスだった場合は△

あと外国人持ち株比率が上限に達している場合は(外)マーク。
それではさっそく、

金融系            業績   利益を独占できる権限等
アジア株式商業銀行(外)   ◎    最大手の民間商業銀行
バオミン保険         ◎     
サイゴン商信株式商業銀行(外)◎    株式商業銀行国内最大手クラス
サイゴン証券         ◎    

食品・飲料系
ビエンホア製菓株式会社    △    
キンド食品          ○    製菓最大手
ノースキンド         ◎    
チベコ飲料          △
ビナミルク          △    乳製品国内1位

インフラ・通信系
チャウトイ・コンクリート(外)○    国内唯一高強度コンクリートプ                    レキャスト製造
ホーチミン市インフラ投資社  △    収入の70%は通行料金
サコム通信 ケーブル      ◎    90%が郵政通信公社へ
ベトナム大亞電線       △

かなり長くなったので続きは明日書きます。
それでは今日はこれで失礼します。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/07/13(21:01)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。