収益性
0
活発度
0
人気度
86
収益量
0
投稿量
60
注目度
53

NGTNさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ522件目 / 全560件次へ »

今日の相場 -7/13-

・NY市場は大幅高。ダウが2%上がるのは、初めて見ました。ウォルマートの6月売り上げ高が好調だったことにより、ガソリン高にも関わらず個人消費が堅調だと確認されたことが好感されたようです。また、リオ・ティントが、アルコアが狙ってたアルキャンの買収に合意したため、今度はアルコアがBHPにより買収される可能性が出てきました。これにより、ダウの構成銘柄であるアルコアは6.7%の大幅高、またM&A資金の流入期待ということも囃されたようです。あとは、高値を抜いたことでショートカバーが一気に入ったのでしょう。
今後のNY市場の動きは、ここ数年のPER水準から見ればダウ、S&P500ともに上限に近づいているので、年内の上値はあまりないかなと思うのですが、昨夜の勢いからするとバブリーな大相場が始まる可能性も否定できず。結局、毎日注意深く見ていくしかないですね。

・NY市場の大幅高を受けて、日経平均も大幅高。昨日、一昨日に先物を売ってたところが、慌てて買い戻したのでしょう。先物は買われていましたが、先物と現物の鞘が開き気味だったこと、TOPIXが場中垂れ気味だったことから、現物には積極的な買いが入っていなかったと思われます。強かったのは、裁定買いの影響が大きい値嵩ハイテクなど指数寄与度の高いものが中心で、このまま高値を更新していくかというと、疑問が残りそうです。まあでも、アメリカが高値を更新しつづければ日本も上がるでしょう。

・個別では、任天堂が5万円を超えたのが印象的でした。今の株価水準は、今期も利益倍増くらいしないと正当化できない水準だと思いますが、今期の業績が最終的にどのくらい行くか見えてくるまでは買われ続けるのでしょうね。大型株で業績も株価も絶好調な銘柄って他にはないですから、機関投資家が喜んで買ってるのでしょう。


・最後に個人的な反省。ここ2週間ほど、運用額が節目に近づいてきたため、どうにか一気に取ってやろうと、ちぐはぐなトレードを繰り返している。トレード中はそんなものは意識してはいけない。場中は相場の流れを把握するのに集中し、個々のトレードでベストを尽くしていけばよい。結果は後からついてくる。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/07/13(18:20)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。