収益性
71
活発度
0
人気度
51
収益量
100
投稿量
55
注目度
55

イマージさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ46件目 / 全60件次へ »
ブログ

東京電力は復配するかも?

四季報を見ていたら東京電力の14年の予想純利益が3000億円、15年の純利益が500億円となっている。


※東電の四季報予想(単位は百万円)
  売上  営業利益 経常利益 純利益
連14. 3予   6,500,000   0    -100,000 300,000
連15. 3予   6,600,000   150,000   50,000   50,000

 

おや?東電は多額の賠償金を負っているため、経常益は出ても原賠法で定められた特別負担金によって、純利益はゼロとなるはずだ。少なくとも、原賠法成立時点ではメディアはそう報じていたと記憶している。

14年度は経常益が赤字であり、資産売却などの特別利益のため、返済しないのも納得できる。

しかし、15年度は経常益が黒字であり、事業として黒字を出しながら1円も政府に賠償金を返済しないことになる。

 

四季報はしょっちゅう外すが、何も調査してないわけでもないだろう。

純利益が出ることを裏で取っているはずだ。

 

現在の利益剰余金の欠損は約5348億円、四季報通りなら15年決算の時点で1850億円程度となる。

14年と同じく500億円程度の純利益を計上し続ければ早ければ5年程度で累積欠損を解消できる。

欠損が無くなれば法律的に配当可能になる。そうなれば外国人株主を筆頭に配当要求が出るだろう。

株主構成によっては任天堂のように特別決議が否決される展開もありえる。

(特別決議には株主の3分の2の賛成が必要だが、機構は49.8%しか保有していない)

賠償をスムーズに行いたいのなら純利益を出すのは危険なのである。

 

残る可能性はひとつである。政府が東電の復配を容認しているということだ。

今後は原発の再稼働も目白押しである。

現与党の方針からして、原子力発電は容認すると考えるのが無難だろう

原子力を推進する上で東電がいつまでも経営危機ではお話にならないのである。

だから復配させて帳簿上正常な企業にすれば臭いものに蓋をして原子力政策を推進できるという政治的戦略である。


東電のIR資料を漏らさず読めば思わぬ利益にありつけるかもしれない。自分はそうするつもりだ。


P.S
15年度の経常益500億で、純利益が変わらず500億ってことは法人税は収めないのね
株主が出資した資本金が欠損しているのだから当然といえば当然だが、なんだか腑に落ちない

1件のコメントがあります
  • イメージ
    kabukabumanさん (2.08point)
    2013/10/30(00:35)

    こんばんは。

     

    どうやら今期決算で黒字化しなければ銀行融資が受けられなくなるため

    設備投資を先送りしてでも無理矢理黒字にしたい考えの様です。

    先日福島原発の除染費用を支払う意思がないことを公言したのも

    そうした苦しい内部事情の所為かも知れません。

     

    しかし仮に利益が出たとしても除染問題や被災者に対する救済のメドが立つまで

    個人的に復配は有り得ないと思います。

    利益が出れば必ず賠償請求が起こるでしょうし

    これを政府が認めれば政権運営を危うくする恐れがあります。

     

    因みに東電を国有化しないのは賠償金が膨大で予測が付き難いことと

    国有化すれば隣国からも賠償請求される恐れがあるからだと考えています。

    1000兆円を超える財政赤字を抱える日本政府ですから

    最悪の場合東電を突き放すことも有り得るのではないかと思います。

     

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。