収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
49
注目度
51

shin5nackさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ248件目 / 全990件次へ »
ブログ

放射線の除染食品としてもバイオ・ノーマライザー

福島原発の放射能汚染水が水漏れしまくってるわけですが・・・「影響はない」って言われても、今更「そんなわけないよね」、ってみなさん気づいていると思います。バイオは体内の放射性物質を除染出来ますか、という質問が多い今日この頃。ちょっとマニアックなバイオの凄いところをご紹介します。放射線と活性酸素による被害放射線による直接被害・放射線が細胞内のDNAらせん鎖を切断して破壊する放射線により発生した活性酸素による間接被害(放射線が細胞内の水分子に衝突して活性酸素を作り出す)・活性酸素によってDNAの塩基を破壊・活性酸素が細胞膜を溶かして細胞液が漏れることで細胞が死ぬバイオ・ノーマライザーでDNA損傷と細胞死を予防しようDNAが損傷してしまうと→修復可能な場合は代謝により生まれ変わる↓修復不可能な場合→細胞死→白血球減少、不妊・胎児奇形、皮膚紅斑、脱毛、白内障↓不完全な修復(突然変異)→がん、子孫への遺伝的影響・不具合というように、放射線の影響を受けた細胞・DNAは、各種不具合の原因になるわけです。活性酸素による細胞・DNAの損傷を予防するために、発生した活性酸素を除去するスカベンジャーとしての機能はもちろん、体内で活性酸素の発生自体を抑制するメカニズムがバイオには備わっています。活性酸素発生原因のひとつ『不安定鉄』の調整作用とは?◇血液中の”まだヘモグロビンと結びついていない鉄分『不安定鉄』”は、酸素フリーラジカルを生成する原因です。バイオ・ノーマライザーは、有害金属イオンキレート作用により、過剰な鉄を結合させたり、細胞や血液から除去する調整能力を持っています。バイオ・ノーマライザーの良いところは、必要なものを完全に取り除かずに、必要な量に調整したり、無駄に活発にならないように抑制したり、と”調整”する機能にあります。調整する作用を持つバイオ・ノーマライザーは、一般的に知られている放射性物質の対外排出を目的とした食品とは一線を画し、チェルノブイリ以後の東ヨーロッパでも導入が進んでいます。ほとんどの病気の原因は活性酸素であると言われるぐらいですが、有害金属体外排出機能や高い除染効果などに期待され、バイオ・ノーマライザーを使って行われてきた医療ミッションは数々の実績を残しています。・チェルノブイリ原発事故による放射能被爆者・ロシアの小児白血病患者・ロシアの鉛中毒患者・大阪堺氏のO-157中毒患者・パプアニューギニアのマラリア患者・中国のSARS患者・タイの小児エイズ患者・フィリピンのスービック診療所における多種多様な疾病患者などなどなどもしかしたら・・・自分の体調不良も治るかも?あの人の症状も良くなるかしら?このブログに出会えた縁は偶然ではありません。自ら望んで導き出した答えである必然である可能性が高いです。ぜひ一度バイオ・ノーマライザーをお試しください。困っている人には、バイオ・ノーマイラザーをオススメしてください。バイオ・ノーマライザータブレット※粉末タイプとタブレットタイプがございますが、タブレットタイプの方が効き目が良いようです。当店はタブレットをオススメしています。ペット用もありますバイオ・ペット『みるみる元気』獣医が教えたくないサプリ、という代名詞になってます。いまや良心的な獣医は薬ではなくバイオをすすめてくれます。ペットも家族ですからナチュラルな調整機能で健やかに♪1mSVの被爆で、直接・間接的要因により、細胞1個あたり0.2~1個のDNAが傷つくといわれるDNA
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。