のしちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ48件目 / 全106件次へ »

だって人間だ・・・もん(悶)

このGW、診断士試験の合間を見つけては次の投資戦略に想いをはせています。

ここ数日、試験勉強でちょうど組織・人事理論に絡んだ診断事例の問題を解いているせいか、投資戦略もそちらの方向に引っ張られる傾向が・・・
組織とか人事って曖昧で、財務指標のように定量的に客観的な成果としては現れにくいけれど、でも、とっても大切ですよ~。

定量的なデータ判断に頼りすぎると、事業の効率性にばかり目が向いてしまい、短期的には成果は現れるかもしれませんが、中長期的にはジリ貧になる可能性も。
だって、働いているのは人間だもの(相田みつを?)。
達成感とかやりがいとかもないとモチベーションを維持できませんし、そうなると生産性も落ちるというものです。

工場などの製造現場ですらその傾向はあります。
キャノンのセル生産などまさしくその好例でしょう。
単純な流れ作業と異なり、1人ですべての工程をしなければいけないセル生産は作業の創意工夫など、作業者にも考えさせる仕組になっています。
最初にセル生産を考えた人ってホントすごいっ!(この方らしいのですが・・・↓)

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080415/index.html

まさにコロンブスの卵、コペルニクス的発想の転換っ!!

定性的である故に、投資判断に使おうとするとどうしても主観的になってしまうというジレンマを抱えつつも、何とか斬新な発想がわかないものかと、今日も悶々としています。
登録日時:2008/05/04(21:00)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。