shin5nackさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ270件目 / 全981件次へ »

わざわざ善玉のカルシウムを選ぶ理由

無カルシウムの生活を続けていくとどうなるか、ちゃんと過去の歴史が物語っています。慢性的な強度のカルシウム不足を招き 、骨から出てきたカルシウムが脳神経細胞に停滞して、一定年齢が来ると歩けなくなりイヌのように這ってしまったりするというのがあった のですが、これは日本のとある村での実話です。島国である日本では魚が良くとれるので、魚の骨からカルシウムが摂れるように思えますが、魚の骨のカルシウムには、リン酸が含まれており、サンマなどを食べるときに身を剥がすと骨が青く光っているように見えないでしょうか?それほどにリンがたくさん含まれている証拠となります。このリン酸カルシウムは体内吸収が非常に悪いので、一所懸命に魚の骨を食べてもあまり自分の骨のためには貢献しません。又 、ほうれん草には豊富にカルシウムが含まれていますが、シュウ酸はカルシウムと結び付いて、結石の元となるシュウ酸カルシウムになってしまうことも良く知られています。牛乳は盲目的に皆さんが思っているほどカルシウム含有量は高くないのと、やはりリンが含まれているため吸収率が低いのです。ヒジキが100g中に1500mgのカルシウム含有量であり、次いでゴマには1200mgのカルウ ム含有量で1番2番を保持して いま す。こういったカルシウムの多い食物を摂取しても日光に当たり、ビタミンDが活性化されな ければなんにも成らないので、紫外線を避けるだけでなく、手のひらだけでも構いませんので、毎日10分は紫外線を浴びましょう。先日も電車に乗っていたら40代?50代?の女性達が骨粗鬆症のお薬を飲んでいるという話しになり、そしたら次々に「私も!」「私も!」となって盛り上がってましたが、さほど気にしていない様子・・・そのお薬は、骨粗鬆症の進行を止めるためのものであって、骨がそれ以上強くなるわけではありませんよ~弱い骨のまま、放っておくと結局は気付かないまま、骨・周辺の神経が起因する病気へまっしぐらです(>_<)要は、「何も考えないで生活してると、カルシウムは抜ける一方で、全然入ってこない」わけです。カルシウム不足は老化の主原因なんですけどね。後で困るよ。本人も、家族も。ボケるから、絶対。逆に十分なカルシウムを摂り続けると若返ります。これも真実。目指せ21歳。私は今、39歳から29歳ぐらいまで若返り進行中!?ホントです。見に来て!笑というわけで、毎日毎日カルシウムはたくさん必要なのですが、食事から十分に補給するのは難しいので、ここはひとつサプリの力を借りましょう、ということです。カルシウムサプリにもピンからキリまで存在していますが、善玉のカルシウムであることと、古代ソマチットを豊富に含むような原材料は今のところ一つだけですので、当店では一番のオススメとして、『八雲風化貝カルシウム』を提案させていただきます。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/08/23(15:50)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。