ソードさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ50件目 / 全85件次へ »

インサイダー取引には厳罰を

先日、野村の中国人社員がインサイダー取引で逮捕されたことは皆さんもご存知ですよね。
で、今回のことで私も驚いたのがこれだけ株式市場が一般の人にも浸透しているのにインサイダー取引に対する処罰が軽いのですよね。
正直、正確なことは覚えてないのですが懲役が確か最長5年で罰金も500万程度とか。
欧米では、インサイダーやると懲役だけでも20年ぐらい(だったようなきがしますが)、罰金も日本円で5億円(為替あるの額は異なります)
ここまでみると、日本ではインサイダーやっても罰金以上の金額を稼げば(それでも相当稼がないと割りに合いませんが)つかまっても十分に元が取れる計算になってしまいます。
欧米じゃ、5億円もの罰金ですからそれを上回る利益なんて現実不可能です。
こういった、経済に甘い法律を放っておくと日本の市場は犯罪者も参加できるものだと海外から勘違いされてしまい、外資の投資だって引き上げてしまいます。
一概に厳罰という安直なことはしたくないですが、経済や株式市場を活性化させつつ健全化させるには法律による取り締まりは重要です。

ブログやってます。暇な人は見てね。
http://gandamuf99.blog82.fc2.com/
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/04/27(20:38)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/04/27(21:04)
    こんばんは。野村もコンプライアンスには相当気を配っていたはずですが・・・第三者が介入すると極めて困難ということをこの事件は示しましたね。仰る通り刑罰が軽すぎます!
  •  通報する

    2008/04/27(21:07)
    たけちゃんマンさんコメントありがとうございます。
    インサイダーの一番怖いのは、行為そのものが犯罪ってことなのはもちろん、その国の市場に対する信頼を根底から覆すものなんですよね。こういった問題が頻発すれば、その国の株式市場の参加者は犯罪者しかいないと勘違いされ健全な資本が逃げてしまいます。まさに、経済そのものの死活問題だけに今後の処罰は厳密かつ厳格に対応してもらいたいものです。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。