収益性
49
活発度
65
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
76

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ519件目 / 全1710件次へ »

世界最注目と言われるチェコ作家

その作家の代表作が、

日本にて初訳されたという帯に惹かれて読んでみた。

 

★「もうひとつの街」

  ミハル・アイヴァス著 阿部賢一訳 文藝春秋 1,900円+税 

  2013.2.28.初版 2013.6.30.2刷

 

オイラには慣れない文体だったので、

序盤からストレスがたまってきた。

 

「こんのイタチ野郎!」

 

などと、作品に登場してくるわけのわからんキャラに、

思わず罵倒を浴びせていた。

もう読むのをやめて、早く「007白紙委任状」に移ろうとも思った。

 

これはもう、オイラにセンスがないからこの小説の良さがわからないんだろう、

そんな諦めの境地と、

いやいやこの王様は裸なんだという鬱屈とした気分とで、オイラは揺れ動いたのだった。

 

しかし後半に至るとイライラしていた文体にも慣れてきて、

なんとなく惹かれていった風。

 

絵画でいうとシュールレアリズム、文学でいうとファンタジーっていう奴なんだろう。

宮崎駿の「千と千尋の神隠し」とか、村上春樹っぽい作風ではあるのだが、

はっきり言って、ストーリー性は彼らの作品よりも数段劣ってみえる。

が、これは素人判断なのだろうか。

 

解説によると、哲学などに造詣が深くないと

この作品の良さをよく理解できない可能性が高いようだ。

そういう意味では、素人にはわかりにくいピカソ的な作品なのかも知れない。

 

最新の物理学にも造型がないといけないだろう。

リサ・ランドールとか。

自分の身近な空間にこそ、「あの世」があるんだよ的な意味合いで。

 

というわけで、哲学に疎く、物理は表面的なことだけ知っているオイラには、

この作品を1/3~1/2程度にしか理解できなかったのだった。

 

登録日時:2013/06/28(01:31)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。