証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

montontonさんのブログ

最新一覧へ

短期、中期、長期

時間軸の観念は投資家ごとに様々ですが、

私は短期だ、私は中長期だ、と言っても

実際にはそれぞれが想定している期間はバラバラなことが多いようです。

 

私も自分の時間軸で中長期投資と書いていますが、

人によって取り方は異なるかもしれません。

そこで一応定義だけははっきりしておこうと思います。

 

逆張りの私の場合、短期は1年以内、中期は1年以上3年以内、

長期は3年以上と想定しています。

 

買ってから1年以内に25%の利益で売却できたら出来過ぎの短期売買と言えます。

 

通常は3年以内に25%以上の利益で売却することを目標としており、

年2%前後の配当金と合わせると年平均10%程度の投資利回りとなります。

3年以上になると年平均投資利回りも低下するので、

ちょっと長かったなあということになります。

 

下落局面の妥当と思われる価格水準で買い参入して、

一定の値幅(10%等)で底値に到達するまで買い続け、

反転して上昇に転じたら一定の利幅(25%等)で売ることにしています。

 

下落トレンドから上昇トレンドに転換するまでには一定の時間が必要であり、

多くの短期売買の方が塩漬けと揶揄する期間を我慢することになります。

 

私にとっての短期売買は短期売買専門の方には超長期投資に映るかもしれません。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/06/23(16:05)

通報する

このブログへのコメント

1~7件 / 全7件

  • 通報する

    2013/06/23(19:45)
    モノトーンさんの場合、個人投資家の権利である「時間」をじっくりと使っているのですね。

    安い時に買い、
    高い時に売る。

    このシンプルなルールを実践されているものと理解しています。

    これができるには、それ相応も資金力が必要となりますね。

    多くの投資家が手がけているスイング、デイなどの手法は、
    モノトーンさんからすれば、超短期売買という定義になるのでしょう。


  • 通報する

    2013/06/24(16:30)

    ねこ2さん、コメントありがとうございます。

     

    長期的に株価を決めるのは企業業績ですが、

    日々の株価を動かすのは需給だと思います。

     

    企業業績を基準にすれば安いか高いかはある程度判断できますが、

    需給には高い安いはなく、多い少ないしかありません。

     

    超短期売買は自分以外の投資家がどのような投資行動を取るかを予想し、

    売りが多いか買いが多いかを読んで、売りか買いかに賭けるのだと思います。

     

    他の人達の投資行動が全く読めないので私には超短期売買は難しすぎます。

     

    超短期売買で利益を出し続ける人は本当の天才(天賦の才)で、

    努力だけでは成功しないのではないかと思います。

  • 通報する

    2013/06/25(17:12)

    こんにちは。

     

    その銘柄が安いか高いかはチャートを見れば一応判断がつきますが、新規上場株では判断するのが難しいです・・・。

     

    montontonさまは新規上場株をおやりにはならないのでしょうか?(*^_^*)

     

     

  • 通報する

    2013/06/25(17:55)

    私が、思うに、尊敬できるのは、スタンスがぶれない。

     

    銘柄選びと、価格設定がマッチしている。

     

    あと、想像ですが、ポジションに余裕を持たれている、

     

    そのように感じています。

     

    超短期売買で利益を出し続ける人は本当の天才(天賦の才)で、

    努力だけでは成功しないのではないかと思います。

     

    ・・・これ、データはないですが、ひとけたの下のほうの%のようです。!(^^)!

  • 通報する

    2013/06/26(12:28)

    >montontonさまは新規上場株をおやりにはならないのでしょうか?

     

    新規上場株は株価水準が不明なので私は参加していません。

    これは私の投資方針なので他の方には当てはまりません。

     

    最近は上場後ストップ高になることが多いので、

    興味のある方は積極的に参加したらよいと思います。

     

    投資スタンスがブレないように投資方針十か条というのを決めており、

    その第九条は「株価水準不明の新規公開株は買わない」となっています。

     

    hirohirohirohiroさんがご指摘のように、

    市場が激変した時には正常な判断ができなくなりスタンスがブレがちです。

    迷いやすい性格なのでそのようにならないようにルールを決めています。

     

     

     

     

  • 通報する

    2013/08/01(22:14)

    こんばんは

     

    >下落局面の妥当と思われる価格水準で買い参入して、

    一定の値幅(10%等)で底値に到達するまで買い続け、

    反転して上昇に転じたら一定の利幅(25%等)で売ることにしています。

    下落トレンドから上昇トレンドに転換するまでには一定の時間が必要であり、

    多くの短期売買の方が塩漬けと揶揄する期間を我慢することになります。

     

     

     

    頭では理解できても?したつもり?でも

    なかなか、行動が伴わず、支離滅裂、右往左往になります

    さいごのいっしゅん、もしくは、そのときがきたとき、いざというときに

    失敗をします

    そして、自分にがっかりします

     

     

    下落局面の妥当な価格水準というのもむずかしいです

    底値に達するまで買い続ける資金配分もむずかしいです

     

     

    いちばんむずかしいのが

    資金配分をしているのに、買い続けることをすぐあきらめてしまうこと(精神面の問題)です

    俗にナンピンは傷を広げるということばがあたまをよぎるのです

     

    ・・・・・塩漬けは得意です

    下落局面で買い続けない(これは放棄と同義ですね)と塩漬け期間が長引きます

     

     

  • 通報する

    2013/08/02(12:58)

    timeさん、こんにちは

     

    逆張りは他の大勢の人達と反対の行動を取る投資法です。

     

    多くの人達が投げ売りしている時に買い、

    多くの人達が買い漁っている時に売るわけです。

     

    下落局面では暴落だとか、危機だとか、過激な言葉が飛び交いますから、

    それを無視して買い続けるのは勇気がいるかもしれませんね。

     

    破綻する恐れの少ない優良銘柄を妥当な価格で買うことに尽きるのではないでしょうか。

     

     

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

montontonさんのブログ
トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+15.2%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

79.7 20.3
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,496.69

▲ +136.15

TOPIX

1,490.62

▲ +13.42

JASDAQ総合指数

118.69

▲ +0.03

米ドル/円

114.08

▲ +0.06

ユーロ/円

122.30

▲ +0.11

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ