収益性
100
活発度
0
人気度
51
収益量
56
投稿量
50
注目度
50

ちょいかぶおやじさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ23件目 / 全34件次へ »
ブログ

伊藤園優先株

ストリートアナリストさんの伊藤園のコメントおよびそのコメントを読ませていただいきました。伊藤園優先株で苦境に陥っている小生としては、一言申し上げたいと思います。まさに、伊藤炎で伊藤エーンです。是非、ストリートアナリストさんの伊藤園のコメントを読んでみてください。

本来この優先株式の買い手は、長期保有志向の個人投資家の筈です。伊藤園自体の財務体質や収益体質からすれば、配当減額のリスクはほとんどありません。銀行の定期預金に入れるよりも遙かに高い利回りが得られるからです。

高い利回りに惹かれて、地方銀行が買い手の中心だった、と言われておりますが、株式持合の価値減少や不動産関連融資のリスク上昇などから、銀行はBIS規制上資産圧縮を進めなければなりません。地銀がこの優先株から退出したことが原因で株価が下落したわけです。 サブプライム問題の第二波の影響はこの4~6月に出てくることになり、結果として小今の時期がボトムだった、ということになるのではないという希望的観測をしています。

また、優先株式に議決権がないことがどれほどの問題なのでしょうか。配当政策上、すでに、普通株式よりも25%高い水準が設定されています。伊藤園にとって、買収防衛策の基本は株価引き上げです。優先株式の発行自体、買収防衛策の一つなのであります。したがって、株価と価値のギャップを大きくしないために、配当政策に今後も大いに気を使う筈です。

いざ、買収をかけられたとすれば、優先株式の上場と価値保全は普通株式の十分な流動性が前提となりますので、買収者に対して、伊藤園の取締役会は、優先株式を含めた全株式の買取りを要求する必要があります。これを担保するために、会社に対してその普通株式の50%超の買収者が現れた場合、優先株式一株につき普通株式一株と交換することになっております。

ということで、伊藤園優先株、買いです。

目標株価等に関して分析できたら、伊藤園のPicksを書こうと思います。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

1件のコメントがあります
  • イメージ
    ちょいかぶおやじさん、こんばんは。

    私のコメント紹介ありがとうございます。

    >伊藤炎で伊藤エーンです
    上手すぎて思わず吹き出してしまいました。すみません、笑い事ではないですよね。

    地銀を通じてサブプライムの余波がここまで及んでいるとは驚きました。
    ちょいかぶおやじさんのコメント通り、ファンダメンタル的にはこれほど株価下落する説明がつかないため、大いに納得です。
    伊藤園にとっては買収防衛目的で優先株を発行した訳ですから、株価を維持するために配当に気を使うのも納得です。
    買収防衛のために株価を維持したい企業と、安定した株価と高い配当を狙う個人投資家の思惑が一致しています。

    最近は業績下降による株価下落の結果、見かけの配当利回りが高くなった銘柄が多い中、伊藤園のように安定した財務体質の銘柄は配当狙い銘柄として貴重だと思います。

    目標株価の分析、大いに期待しています。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。