収益性
54
活発度
56
人気度
52
収益量
51
投稿量
95
注目度
59

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ545件目 / 全1732件次へ »
ブログ

日本小説ホラー大賞500万、横溝正史ミステリー大賞400万

ミステリーベスト100選の上位に必ず登場してくるという、

横溝正史の作品を読んでみた。

 

若い頃、すでにTVでストーリーを知っているので、

そんなに感動はしなかった。

が、テクニックを盗むという意味では、避けて通れない作品には違いない。

 

★「獄門島」

  横溝正史著 角川文庫 552円+税 S46年3.30.初版 H24.1.30.改版40刷

 

横溝正史は、大阪の薬専卒とあった。

薬学出身の作家というのは、数が少ない。

そして薬学部というのは、変わった人が多い。

医師になりそこなるなどあって、どこか世を拗ねているところがある。

そうなると自然、学業も仕事もそう熱心でない人が多い風。 

 

なので、これはオイラからすると、実はそうした文学市場に隙があるのだった。

しかも、オイラの転職経験もちょいとした武器になる可能性がある。

材料は豊富で、しかも酔っ払い歴は長く、自殺未遂・懲戒免職歴ありなどなど、虎視眈々だ。。

 

酔っ払いながら拾ったネタというのは貴重だ。

しかもその証言者の半数以上は、すでに鬼籍に入っている。

そのネタを使用しても、訴えられるリスクはとても低いのであった。

(スナック門のママによると身近で、知人を材料に小説を書いて訴訟沙汰となり、作家が負けている

 

おまけにおまけに、今でも健在な人々からは、

しっかりと材料にしてもイイという了解を取っているのだ。

その数は、50人くらいにはなっている。

とっとと早く書けなどと、あおられている始末だ。

 

ところで「獄門島」、最後まで読んでみると、

最終ページに表題の件があった。

日経小説大賞とほぼ同レベルの賞金となっている。

 

いろいろ狙いたいのは山々だが、ありすぎる材料に埋もれて戦略を練りきれないでいる。

だが生きてさえいれば、兼業作家に時間は無限だ。

缶詰にされることもない。

黒澤映画のシナリオライターばりに、ここは粘ってみる。

何年かかろうとも。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。