元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ525件目 / 全1700件次へ »

日本の右傾化を嫌う米国筋

前々から意外に思っていた。

「米国筋は日本の右傾化を警戒している」ってこと。

読売だか日経で、このことが記事になっていた。

書いていたのは米国の要人だ。

 

自衛隊が正規の軍隊になれば、

米国の負担が減るので、米国には都合がよいのでは?

という考えは、あっさりと崩れた風だ。

 

というわけで、橋下筋の発言問題が契機となって、

米国筋の怒りがヘッジファンドの動きに繋がったのではないか?

なんて思ったって、嘘じゃないかも知れない。

 

オイラは初め、TPP参入に日本がYESと言った瞬間に、

為替も相場も反転するのではないかと疑っていた。

 

要は安倍政権というものは、

TPPに日本を参加させるための政権なのであって、

そのエサとして為替の円安ドル高と株高が、セットで提供されたと思っているからだ。

昨年暮れの選挙も、イカサマである可能性はとても高いと考えている。

 

だとしたら、参院選挙の7月まで、

このイカサマ相場は続くかも知れないと思っていた。

多くの人もそう思っていたのではないか?

 

そうした思考の隙をついた売り方の奇襲作戦は、

だからこそツボにはまってしまった。

 

もちろん、単なる米系ヘッジファンドによる短期資金の手じまい

というだけかも知れないけど。

黒木亮の書いていた、ヘッジファンドによる裁定解消売りの話。

「巨大投資銀行」だったっけ?

 

景気の良いときから、ある特定の月に生じる訳ワカメな強引な売り崩しは、

昔から有名なのであった。

たいした材料もないのに、強引に訪れる売り攻勢。

よく考えてみたら、きっと短期資金の反対売買+アルファなんだろうねって話。

先物オプション手口情報まで利用した、+アルファ大作戦なのかも。

 

PS:日本の右傾化をそんなに他国が嫌っているのなら、逆に・・・

   という子供みたいな思考にも囚われるのもオモロイ。

   原発は核兵器の子供だから、日本には原発の好きなミギィな政治家が多い。

   だったら同じ平和的使用というロジックで、

   オーロラ観測プログラムやケムトレイル、見えない洋服なんかを研究すればイイ。

   見えない洋服には、是非、TV朝日やWBSで放送していた「クモの糸」を使うべきだ。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/05/27(01:13)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。