収益性
49
活発度
0
人気度
52
収益量
50
投稿量
53
注目度
50

サラリーマン投資家さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ62件目 / 全67件次へ »
ブログ

私のルール 1.損切りする。塩漬けにしない。

私が株式取引において決めたルールは以下の通りです。最近5番目が追加されました。

 

1.損切りする。塩漬けにしない。
2.業務内容を理解できる会社に投資する。
3.四半期毎の業績推移を把握する。
4.信用取引はしない。
5.逸失利益を悔やまない。

 

詳細を記録として残すことで、自分の戒めになると思い、日記に書くことにしました。

本業(サラリーマン)を持っているが故に、長期投資が前提となっています。

 

1.損切りする。塩漬けにしない。

よく「損切りすると損失を確定してしまうため売れない」という話を聞きます。

私の中では「含み損=確定損失」と考えます。含み損は取り戻すのが困難だからです。

逆に「含み益=幻」と考えます。失うのは簡単だからです。しっかり売り切ってこそ利益となります。

 

例として、100万円の株を買ったとします。その株が50万円まで下がって行ったとします。

80万円の段階で損切りできれば、80万円を元手に上昇している株に再投資する事ができます。

80万円を100万円まで戻すためには25%上昇すれば取り戻せます。

 

損切り出来ずに50万円まで下がってしまうと、100万円まで戻すためには2倍にしなくてはなりません。

また塩漬けにしている間、そのお金は「死に金」になってしまいます。ゴミ箱に捨てているのと同じです。

 

お金を「死に金」にせず、上昇している株に再投資する、というのが損切りする最大の理由です。

 

長文になりますので、今後気が向いた時に、何回かに分けて書いて行きます。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
8件のコメントがあります
  • イメージ

    サラリーマン投資家さん、こんにちは

    損切りする。塩漬けにしない。ですか。

    私は今年からマイナス20%になったら損切りするようにしました。

    今のところうまくいってます。

    まれにみる上昇相場なので過去と比較できませんが、

    下降相場になった時に力を発揮すると思います。

  • イメージ
    みの虫さん (対象外)
    2013/05/03(12:39)

    耳に響く1~5ですね。

     

    まず、自分のルールを守る(まあその前にルール有ってのことですが)。

    そのルールも段々ダレていい加減になりがちですが、

    ルールは大事だと思いますね。

     

    そして、その中でも損切りが上手くできれば達人だと思います。

    例えば商品などは一般的に買うお客さんがいるから成り立つという側面が強調されますが、作るメーカーがいるからという視点もありますね。

    コインの裏表のように「損切りが利益を出す」とも言えるのかもしれません。

     

    4.がちょっと自分とは違います。

    下げ相場を考えた場合、手段として信用売りを持っている方がいいと思うんですよ。

     

    あと、塩漬けですが、

    これも良くないですね。

    つまり、その間資金を無駄にしていることになりますから。

    また、買値に戻りつつあると売りあせりの気持ちが出て、得てして買値に戻ったあと、売ってしまった後に更に上昇するというパターンが多いように思います。

     

  • イメージ

    はじめまして。大変良いことだと思います。決めたら感情コントロールして、

    機械的に徹すべし。{結構つらいですよ}

    ある程度に来たら、周り見て、決めたルールが合わなくなったら改正する。

    良いルールでも自分に合わなければ改正して馴染ませることも大事です。

  • イメージ
    まはいさん (対象外)
    2013/05/03(14:55)

    こんにちは

     

    「損切り」という発想を捨てたほうが良いのではないでしょうか?

    2000年4月から「金融商品会計に関する実務指針」に従って、法人は「損切り」という税務概念を捨てています。

    「損切り」は、まさに前世紀の概念です。

    既に若い職員は「損切り」という概念すら知りません。

     

    法人と同じ考え方をしろとは言いませんが、現代の損益管理では明らかに「金融商品会計に関する実務指針」が優れていると考えます。

    ということで、私は時価引直しによる値洗いをしています。

    もちろん、税効果会計を組み合わせないと正しい損益管理ができなくなりますが、いちどエクセルを組めば済むことです。

     

    少なくとも、「損切り」の精神的苦痛は無くなりますよ^^

  • イメージ

    短期決戦さん

    コメントありがとうございます。

    「何%になったら損切りする」と数字で明確化できれば強いですね。

    最近はどの銘柄も上がってしまうので、損切りすることが少ないですが、下落相場、ボックス相場では威力を発揮しますね。

  • イメージ

    チキンバスケットさん

    コメントありがとうございます。

    「損切りが利益を出す」、格言ですね。心に刻んでおきます。

    私の「信用取引はしない」は「自分の元手以上の取引をしない。借金してまで取引しない」という意味です。

    おっしゃる通り「信用売り」は元手の範囲でしたら有効な手段になりますね。

    アベノミクス相場の前は何度信用売りしたくなったことか…(笑)

  • イメージ

    pzp9さん

    はじめまして。そしてコメントありがとうございます。

    「機械的に徹すべし」その通りですね。

    おっしゃる通り、ルールは少しずつ改定しています。

    最近も5番目のルールが追加されたばかりです(笑)

  • イメージ

    まはいさん

    コメントありがとうございます。

    なるほど。よく勉強されてますね。

    HPを拝見しましたがよく分析されてますね。

    「時価引き直しによる値洗い」勉強してみます(^_^;)

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。