収益性
0
活発度
0
人気度
53
収益量
0
投稿量
79
注目度
57

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ840件目 / 全1494件次へ »

★民営化で誤魔化されるな(市場原理こそキモ。不安定制度)

 最近、インフラ系の事業を中心に民営化の動きが出始めているようです。

 

 しかし、民営化が潜在成長率向上に役立つためには、民間市場に市場原理(公正原理)が働いていることが前提

 利権絡みの変な規制、過度の規制があるような市場、談合が横行する市場、天下りが多い業界では、民営化の効果は限定される。

 ヘタをすると、利権増大、利権の隠れ蓑として民営化が悪用される可能性もある

 

 大事なのは市場原理(公正原理)です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 世の中には100%の公正はない

 市場原理は常に不正の歪みを受ける。

 

 しかし、不正が固定化しない、絶えず揺らぐ制度があれば、常時どこかに不正があっても、中長期的には不正が無いのと同じ状態になる

 制度的に不安定性を組み込むことが、市場原理をより良く機能させるポイントです。

 

 官僚幹部人事の完全政治任用(政権が変わる度に幹部を総入れ替えする、、官民問わず広く人材を集める)も、こういう不安定制度の一種であり、重要なパーツです。

 

 ま、要するに大統領制ということです。

 

(補足)上記の不安定制度と、真逆なのが官僚統制でガッチリ固定された社会主義。 人々の(実際にはどこにも存在しない)『安定』を希求してしまう気持ちを逆手にとって、官僚統制に誘導するのが社会主義者の手口。 自民党に多くいる利権政治家も同様の手口を使います。 利権政治家と左翼政治家は実は同じ穴のムジナです。

 安定は固定的・静的には存在しない。そういう安定は持続的になりえない。 絶えず、動的に揺らぐ中でこそ、平均的な『安定』、持続的な『安定』が生まれやすい(これは自然界も人間界も同じ)。 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2013/04/18(00:35)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。