元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ533件目 / 全1681件次へ »

屍蘭(しかばねらん)

書店で釣ってきた鮫ちゃん3匹目。

この作品の方が古いのだが、

海堂尊の「ジーン・ワルツ」に少し重なるようなところがある。

 

今度は殺害ネタが、薬剤になっていた。

米軍で密かに使われているという設定で、

この部分はフィクションだろうが、

その前段階として元になっている知識はノンフィクションだ。

こういうネタの作り方をするのかと参考になった。

 

「ホントウにそういう秘薬を米軍は持っているの?」

なんて、大沢在昌親分に訊いてはいけない。

 

なんでって、そんなことをしようものなら、

この親分は泣いて喜んで、密かにガッツポーズなんかしてしまうからだ。

どうしてって、そういうものだと森村誠一氏が書籍で表明していたからだ。

小説家として、自分の書いた作り話を本当だと思われることは、

小説家冥利に尽きるらしい。

 

見事に才能を開花させたとはいえ、

このくらいで甘やかしては、読者としてイカンのだ。

 

それと薬剤ネタは、ミステリーの世界において

それ一本で書き続けている作家がいると、森村氏は語っていた。

なので、下手には使えない。

だが、基礎的な薬剤知識の上に、フィクションを重ねるというのは理にかなっている。

それならば、さまざまな薬剤を創造できるし、他の作家とネタは重なりにくいからだ。

 

小説が元になって実際に殺人が起きることがあるので、

リアルなネタは使うべきじゃないんだろう。

 

例えばいつぞやか起きた、看護師連中によるインスリンを使用した保険金連続殺人事件は、

きっと松本清張の作品が元になっていると思われる。

 

因みに、ミステリーのネタがかぶらないように、

それ専門のネタ辞典なるモノがあると、森村氏は語っていた。

ミステリー作家は、大変だなぁ。。

 

PS:書店の推薦コーナーに、いつも芥川賞選評で酷評をし続けながら

   自身のキャラを売り込むという、なんとも強かな二人の女性作家の作品が目についた。

    本当はホントウは興味があるのだけれど、

   今回はそれぞれの作品に、オイラの生暖かい視線を送るだけにしておいたw

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    大沢在昌
登録日時:2013/04/06(02:05)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。