映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ104件目 / 全1047件次へ »

大きな下げ

2月5日の日経平均は11046.92(-213.43)と大きな下げ。日足は基準線10604、転換線10863の上、週足も基準線9886、転換線10386の上で、短期中期とも上昇基調を維持しているものの、月足は雲の中で、抵抗を受け上下する局面にある。問題は、日足でも週足でもRSIなども天井にあって過熱感が強くなっており、週足MACD(5/10/5)は、すでにシグナルを切り始めていたので、調整は時間の問題であったとおもわれる。2010年の高値11408に届かずに下落。長期的な節目を更新できず、今回の高値11285円より上は当面買わない、ということになる。いったん下にふれて下値を確かめる動きになるであろうか。問題はどのくらい調整するかだが、MACDからみると最長では3ヶ月くらい調整する可能性のなくはないが、為替の動きでは浅い調整で終わるかもしれない。値幅では、日足転換線10863、日足基準線10604、あたりで止まってくれればいいが、週足転換線10386あたりまでおりてくる可能性も否定できない。

アメリカの景気は確かに底堅く推移しているようだが、財政の崖をめぐる懸念は払拭しておらず、欧州懸念は引き続き存在しており、手放しで最高値を更新して行けるほど、本当に強いのかどうか、やや疑問である。一方、日本の株は一本調子であげすぎてきたので、少し冷静になるほうが、むしろ長続きするのではないか、という印象である。過大な期待をふり落として、仕切りなおすことになるかどうか。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/02/05(21:49)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。