jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ902件目 / 全1494件次へ »

道路特定財源の復活「撤回」 自民、一般財源で見解統一


 (朝日新聞)【高橋福子】自民党は24日に決めた税制改正大綱で、自動車重量税を「道路特定財源」にする方針を撤回し、「一般財源にする」との見解を示した。無駄な道路づくりの温床と指摘された特定財源の復活に、党内から批判が噴出したためだ。ただ、一般財源化しても大半を道路関連予算に充てる公算が大きい。

 大綱では「道路の維持管理・更新のための財源と位置づける」と表現。24日の党会合では「自民党が先祖返りしたと言われる」といった異論が出た。野田毅税調会長は「傷んだトンネルや道路の補修に使う課税根拠を示した」と説明し、原案通り了承を取り付けた。

 麻生太郎財務相は24日の記者会見で「道路特定財源を復活させる気は全くない」。菅義偉官房長官も会見で「一般財源と断言する。元に戻すことは百%ない」と述べ、歩調を合わせた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 いろいろ政策決定が迷走してるようです。

 でも、昔の自民と基本的に変わってないことが垣間見える。

 参院選後には堂々と(粛々と^^)道路特定財源復活を行いそうですね。

 

 結局、アベノミクスの半分はアソウノミクス(巨額財政出動)。

 

 小渕、麻生、民主党、、、、この三政権の財政出動はひどく(バラマキ先は違えど)、ここで政府債務は膨張しました(それでもデフレ脱却しなかったのだから日銀の金融政策が如何に酷かったかも分かりますね)。

 安倍政権(第二次麻生政権?)でも政府債務はそれなりに膨張しそうです(日銀金融政策次第ですけど、、)。

 

 財政出動は、中長期的なデフレ圧力、政府債務、利権を増大させるので、日本経済の弱体化には一石三鳥なのです。

 短期的な景気浮揚効果に誤魔化されてはいけません。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2013/01/25(08:16)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。