証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

日銀、財務官僚の抵抗

 1月10日:日本銀行は21、22日に開く金融政策決定会合で、安倍晋三首相が求める2%の物価目標を導入するのに合わせ2014年度の物価上昇率見通しを1%前後に上方修正することを検討している。同会合で行う「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」の中間評価でこうした見通しを示す。関係者への取材で明らかになった。

安倍首相は9日、政権発足後初めての経済財政諮問会議を開き、日銀に対して2%の物価目標を正式に要請した。日銀はこれまで、消費者物価指数(CPI)の前年比で「2%以下のプラス、当面1%」を物価安定の目途(めど)としていたが、中長期的な目標として2%を掲げることで、政府の要請に応える。ただし、達成時期については明記せず、具体的な政策手段にも踏み込まないことで、日銀の自主性を確保する

2%の物価目標の提示と併せ、13、14年度の経済・物価見通しについても、政府が11日に打ち出す緊急経済対策と、このところ急速に進んだ円安による押し上げ効果をフルに織り込んで上方修正する。こうした見通しの実現をいっそう強固にするため、22日の決定会合で追加緩和に踏み切るかどうかについても議論を行う。

日銀は昨年10月30日の展望リポートでコアCPI前年比の見通し(政策委員の中央値)として、13年度は0.4%上昇、14年度は2.8%上昇(消費税率引き上げの影響を除き0.8%上昇)との見通しを示した。円ドル相場は足元で1ドル=88円台前半と、同日時点から10%程度円安になっている。

 

エコノミストも上方修正

展望リポートでは、実質国内総生産(GDP)成長率について12年度1.5%増、13年度1.6%増、14年度0.6%増という見通しを示していた。12年度は、7-9月が前期比年率3.5%と大幅なマイナス成長となったこともあり下方修正は必至だが、13年度については、政府の経済対策と急速な円安を受けて、エコノミストの間でも上方修正する動きが出始めている

シティグループ証券の村嶋帰一チーフエコノミストはこれまで13年度の実質GDP成長率は1.6%増と予想していたが、「2%をやや上回る可能性が高くなった」と指摘。野村証券の木下智夫チーフエコノミストも従来予想の1.0%増から1.8%増に上方修正するとともに、14年度のコアCPI前年比の見通しについても、消費税率引き上げの影響を含むベースで従来予想の2.4%上昇から2.7%上昇に引き上げた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 2014年度で物価上昇率1%ならば大した緩和ペースではないと思えます。

 政府は催促すれど日銀は先延ばし先延ばしで、これまでよりやや膨らんだ程度の緩和をするに過ぎないのでは?

 アコードも総裁解任権も封じられた場合、政治家による強制力は限定的。

 これまでとあまり変わらず、概ね、日銀(≒財務官僚)のやりたい放題になるでしょう。

 

 次の日銀総裁は財務官僚OB(武藤さん)もしくは財務省のコントロールが利く布陣にされるでしょう。 竹中平蔵さんや岩田規久男さんが入ることはない、、と予想。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2013/01/10(22:31)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+2.1%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

66.4 33.6
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ