収益性
0
活発度
0
人気度
53
収益量
0
投稿量
78
注目度
56

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ920件目 / 全1494件次へ »

金利上昇(金融緩和、インフレ目標)は経済にプラス

金融機関は、不況(デフレ)=低金利で、最大収益が上がらないのが普通。
 低金利のままがいい、デフレのままでいい、と思う金融機関(地銀の一部。多く?)がある今の日本は異常。

 金利が上がってこないと収益が上がらないのが、普通の金融機関なのに、国債バブルに依存してるからそうなるのです。

 でも、バブルはいつか弾ける。

 国債バブル(=超低金利)も例外でない。

 不況、デフレをいつまでも続けることは出来ない。

 本来、金利上昇、景気回復、イールドの急傾斜化は金融機関にプラスなのだから、地銀各行もそこに立ち戻って貰わねば(国民益的には)困るのです。

 
 国債バブル依存の地銀は、株式ウェイトもそれなりに高め、金利上昇、景気回復への保険をかけるべきでしょう(大手行は問題無し)。

 

 一部マスコミ(N●K、朝●、毎●、日経)は倒錯論調を繰り返してますが、金融緩和、インフレ目標、金利上昇は今の(長期景気低迷の)日本経済に当然、プラスなのです

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さて、安倍政権、公共事業中心の財政出動は地銀救済の意味合いもある。
 地方には公共事業絡みの隠れ不良債権(中小企業)も多いから。
 これは過去の自民の公共事業ガンガン政策でそうなった。
 で、この隠れ不良債権(地方の公共事業絡みの中小企業)は自民の支持母体と重なる。

 だから、自民は、景気回復策として公共事業のウェイトをそれなりに高めざるを得ない。
 インフレ目標2%も日本の物価統計誤差を考えれば実は低めなのですが、その達成も緩やかになる可能性がそこにある

 でも、ホントは公共事業ガンガンにせず、金融緩和だけで景気回復させるのが正しい。
 バラマキ依存の企業を自然減させ、経済体質を強固にするのが正しい。 そこはEUや米国を見習うべきでしょう

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 金融緩和主体にせよ、公共事業ガンガンにせよ、どのルートを通っても金利は上昇していきますね(--;

 で、どのルートを通っても(実質金利低下で)当面、円安方向の圧力が高まる(実際にどの程度の円安になるかは、諸外国の金融緩和度合い、米国景気の回復度合い次第)

 自民や民主のバラマキ政策持続では、中長期的に財政悪化促進なので、悪い金利上昇(日本国債売り)、悪い円安に転化ですけどね

 

 次の参院選では、第三極(みんな>維新)の勢力を伸ばし、バラマキ路線修正を促すのが、国民益的にはベストです

 

 


  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2013/01/02(09:18)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2013/01/03(10:55)

    jojuさん、あけましておめでとうございます。

     

    新しい年が素晴らしい一年であります様に、

    心からお祈りいたします。

    今年もよろしくお願いします。

     

  •  通報する

    2013/01/03(13:41)

     あけましておめでとう御座います。

     本年もヨロシクお願いいたします。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。