agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ22700件目 / 全25319件次へ »

新エネ・省エネ関連が高い・息長い相場との見方も



東海カーボン(5301)、富士電機ホールディングス(6504)、ジーエス・ユアサ コーポレーション(6674)が年初来高値更新。オーネックス(5987)、昭和電線ホールディングス(5805)、新東工業(6339)、日本風力開発(2766)、FDK(6955)、原弘産(8894)、三晃金属工業(1972)、西芝電機(6591)、京三製作所(6742)が高いなど、太陽光発電、風力発電、熱電発電を軸にした新エネルギー・省エネルギー関連に高いものが目立つ。
「地球温暖化など環境問題、原油高などを背景に7月の洞爺湖サミットは環境サミットとなるとの見方が根強く、新エネ・省エネ関連は息長い相場に入っているのではないか。世界的な信用不安のなか、日本はモノづくりニッポン、技術立国ニッポンという原点に戻るときとの声も多く、新エネ・省エネ技術開発はそのモノづくりニッポン、技術立国ニッポン回帰のひとつの大きな要素として期待が根強い」と某マーケット関係者。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/04/02(10:11)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。