jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ942件目 / 全1494件次へ »

●選挙のホントの争点は脱官僚主導(みんな・維新vsその他)

 TPP、原発、金融緩和、、、、TV・新聞は争点を沢山上げまくって有権者を混乱させてる。

 しかし、これらの政策は、実際に政権についたら、どの政党でも大差がない。 大して争点にならないのです

 

 どの政党でも、TPPは交渉参加せざるを得なくなる

 そうでなければ、日本だけ貿易で不利になり、稼げる産業が壊滅するからである。

 これは、結局、補助金で食っている稼げない産業(農業)=TPP反対派の産業、を潰すことになる。

 要するに、農業はTPP参加で死ぬか、TPP反対で日本全体を道連れにして死ぬか、、、そういう選択でしかない(前者の場合は補助金で生き残る芽がある)

 だから、どの政党が政権に着いても、最終的にはTPP交渉に参加することになるのです。

 TPPに頑強に反対し、参加が遅れる政党ほど、国民益を損なうことになる、、、、それは自民、民主、未来です。 みんな・維新ではその弊害は少ない

 

 どの政党でも、原発はゆっくり減らすしかない

 そうでなければ、電気料金爆上げになり、経済の空洞化で雇用・賃金への悪影響も出る。

 原発廃止を焦る政党ほど、国民益を損なうことになる、、、それは民主、未来です。 みんな・維新・自民ではその弊害は少ない

 

 どの政党でも、ほどほどの金融緩和(デフレからインフレ率2%程度へ)をするしかない

 そうでなければ、デフレ的状態、円高が継続し、経済の空洞化も更にひどくなって、雇用・賃金への悪影響が出る。

 金融緩和に消極的な政党ほど、国民益を損なうことになる、、、それは民主、未来?です。 みんな・維新・自民ではその弊害は少ない

 

 

 財政出動も、どの政党でも震災復興絡みで増やすことになるでしょう。

 民主はそれを遅らせて来ましたが、その他の政党ではそういう愚をしないでしょう。

 

 増税も、当面は、どの政党でもそのまま進みそうです。 景気回復の税収増次第で、増税を見直してくれる可能性があるのは、みんなの党だけです。

 

、、、、というわけで、基本、TV,新聞の掲げている政策では大差がない。

 

 実際に大差があるのは、官僚主導政治の是非です。

 目先の省益追求で、国民益を長期低落させてきた官僚主導政治を続けるか否か、、、、この点では、みんな・維新とそれ以外に大きな開きがある

 

 ホントの争点は、官僚主導政治の是非です。

 

 官僚主導政治を止めて、成長経済に復帰すれば、TPPの弊害は減らせ(競争力アップだし補助金も増やせる)、脱原発も進み(原発廃棄費用を賄える)、財政出動は増やせ、増税は抑えられる。

 結局、ほとんどの問題の根っこにあるのは、官僚主導政治なのです。

 

 官僚主導政治からの脱却にはドタバタがあるでしょうが、失敗しても、元の官僚丸投げ政治に戻れば良いだけなのだからリスクはない。

 民主党のように、日米同盟ひっくり返し、デフレ政策、福祉バラマキなど逆噴射しまくりの政党ならば、財政の急激悪化、中国の侵略など、リスクだらけになるでしょう。 しかし、維新・みんなのような政党ならば、そういうリスクはない

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以下、各党講評のまとめです、、、

 

 自民党政権で長期低落だったのだから、自民はデイフェンシブ銘柄ではない、、、と(--;
 

 むしろ、みんなの党、維新のほうが、下記のように手堅いです。

 最近、第三極潰しで、民主や未来を持ち上げる向きがあるようですけど、、、。


●自民・・・・右肩下がりのダメダメ中型株。 ただし、下がり角度が緩やかなので、誤ってホールドし続けやすく、大やけどを負いやすい。 時々バブルも生んでくれるので、既にかなりのやけどを負っても、また、買うヒトもいるほど。 ブル殺し銘柄。
 社長の見てくれや副社長の態度は立派だが、中身は旧態依然である。 というか、各不良部門(不良事業)の看板をつけかえ、更に投資資金をつぎ込むような経営方針(政策)になっている。 要するに利権バラマキのデパート状態を維持したまま、看板ツケかえでバラマキ拡大を意図した政策になっている。 各部署(各官庁・族議員)が社益(国民益)を考えず、勝手に動き回る傾向もあり。

●民主・・・・急落しまくる、わかりやすいダメダメ大型株。 近々、二部に落ちる見込み。 粉飾頻発で、経営方針がめまぐるしく変わるのが特徴だが、外国人優待だけは一貫して維持。 一部の熱狂マゾ信者や、特定の外国人が買い集めている。 

●第三極(みんな・維新)・・・・ビジネスモデルは右肩上がりになっている新興株。 ダメでも自民路線(官僚丸投げ)に復帰するのは容易なので、自民以上のリスクはない。 少なくとも、日米同盟ちゃぶ台返しとか、増税一直線とか、デフレ政策とか、円高政策とか、の逆噴射はない。 白髪の文筆社長と、裸一貫で自民を飛び出した(指向の違いで追い出された?)メガネ社長の二頭体制。 『成功するには、成功するまで諦めないことである』がメガネ社長の座右の銘。 かなり粘っこい。

●第4極(小沢・滋賀県知事など)・・・・表向き、民主っぽいが、実態は自民ミニ版の超新興株(ベンチャーもどき)。 事業は環境など特定事業に特化しているが、実態は、環境名目の土木事業である。 技術力が低くても誰でも参入容易なので、地方の一部有権者には極めて受けが良い事業である。 ブルドック副社長をくせ者の老女社長が仕切る。 本来、よほどの物好き以外、誰も買わないが、一部TV・新聞の推奨が激しい。 はめ込みと思われる。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    その他
登録日時:2012/12/08(07:52)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。