ニッパチの星さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ193件目 / 全342件次へ »
ブログ

単勝予想は難しいが、2連勝複式では堅いのでは?

私は野田首相が民主党党首で首相を継続、または野党第1党であれば、政局がらみの足の引っ張り合いが無くなることで、日本経済と日本株価は今までの5-6年間の政治の混乱と停滞での負の連鎖から解放され、今後(解散直前から)1-3年でNK株価は海外情勢に変化無しとした場合、1000円×5~6年=5000~6000円上昇するするものと予想しています。

従って、民主党が選挙で1,2位に入る可能性は高く、余程のことが無い限り日本株は長期で買だと思います。

現状の明るい材料としては、安倍総裁の巧みな戦術に隠れてしまいましたが、解散発表直前に比べ大幅に改善しています。これらは野田首相の功績が大きいと考えます。

①特例公債法案可決遅延による、予算執行遅れで公務員や国民の不安増大、設備投資、消費の抑制が解消。来年度予算編成の遅延の軽減。衆議院議員定数削減の確約による国民の政治への信頼回復。

②今後3年間は特例公債法案は予算と一緒に処理される為、ねじれの参議院での可決が不要になり、本来の衆議院の優先が機能し、首相の毎年交代が無くなる可能性が高く、政治の安定、継続性が高まる。

③社会保障と税の一体改革の国民会議が進展することにより、財政再建への取り組みに変化ないことを示すことで、国内外の信頼を取り戻すことができた。

④日中韓のFTA交渉開始(中国の軟化のサイン、野田首相への誤解が解ける?)

⑤日欧EPA交渉開始(野田首相への信頼と支援か?)

⑥米上院の尖閣防衛を再確認、可決(野田首相への信頼と支援か?)

⑦昨日(11/30)発表の1.2兆円の経済対策(若干円安に振れる?規模が小さく効果は限定的であるがやらないより益し)

追伸
野田首相が「インフレになり土地や株が上昇しても一般の庶民には関係ない。」の発言は福島原発の収束宣言時と同様に、衝撃を受け、いくら考えても理解できませんでした。但し福島原発の場合は、野党やマスコミ、国民から非難されましたが、結果的には日本への観光客は戻り、風評被害も軽減し、良い結果になりました。今回も税収や企業、消費マインド等を考慮しなければ、間違いでは無いので、深く考えないことにしました。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
1件のコメントがあります
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ