jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ983件目 / 全1494件次へ »

★『大きい政府』化=社会主義化で、社会は険悪になる

 今の日本では『小さい政府』化は、社会を険悪にする、、というデマが流布されてます。

 

 

 『小さい政府』化とは、利権(税金横領)を無くす政策。 税金横領を無くせば、税金は少なく済む。 不正な税金が減る分、政府が小さくなるのです。 これは社会を明るくします。

 

 『小さい政府』化とは、不要なバラマキを無くす政策。 不要なバラマキを無くせば、税金・借金(国債)は少なく済む。 政府は当然、小さくなります。

 

 これと逆に、本来、バラマキの必要のないとこにまでばらまくとどうなるか?

 そこでは、必ず恣意的なバラマキが生まれるのです(恣意的にばらまくからこそ、官僚に特権や利権が生まれる)

 恣意的バラマキが無かったとしても、非効率なお役所への資金集中が起き、経済は停滞するようになります

 そのうえ、バラマキに依存するヒトが増え、国民の自立心が失われて行きます。 自分で稼ごうとせず、他人にたかるヒトが増える。 これも社会を険悪にするし、経済を停滞させます。 経済が停滞するので、所得は減る、、所得が減るから一層たかりに走る、、そうして財政赤字も国の借金も膨張していく、、悪循環です。

 

 ホントに必要なところだけにばらまく、病人・障害者などホントの弱者だけを救済する(社会保険)、、そのほうが社会は明るくなります。

 このような『小さい政府』では恣意的バラマキも、経済低迷も、増税・借金増大・財政悪化もないからです。 バラマキを受けるヒト、依存心(たかり心)を持つヒトが減るからです。 自分で稼ぐヒト=他人に奉仕するヒトが増えるからです(奉仕しないと稼げないので必然そうなる)。 

 

 

 さて、以上と逆に『大きい政府』化を進めるとどうなるでしょう。

 格差是正と称して、バラマキを進めるとどうなるか?

 

 労働格差を無視して、報酬格差を無くすので、働かない方が得になる。

 怠け者が得をする悪平等社会になる。

 誰もまじめに働かなくなる。

 ヒトにたかって当然、という図々しい人間が増える。

 モラルが低下する。

 粗悪製品、粗悪サービスで高い金を取る商売が横行する。

 

 実際、ソ連やかつての中国のサービス、製品は劣悪でしたね。

 日本でも社会主義的な行政が行われている業界(談合を容認している業界や、役所が価格を決めてる業界)はそうですね。

 売ってあげてる、やってあげてる、という商売が増えるのです。

 

 みな、傲慢になってしまう。

 すべてのヒトが、出来損ないの役人みたくなってしまう。

 、、、、かように、『大きい政府』化=社会主義化は、社会を険悪にします。

 

 これを防げ方法は、、、、

 政治家・役所のばらまきを拒絶すること=ばらまく金があるなら減税を、と言うこと(減税するほどバラマキ資金は枯渇するので、政治家・役所の利権(税金横領)が無くなるし、利権があぶり出されやすくなる)

 ばらまく政治家を落とし、減税を言う政治家に投票し続けること

 ホントに必要なとこにだけばらまかれてるか、情報公開を求めること。

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2012/11/05(07:30)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。