元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ600件目 / 全1667件次へ »

「FAKE!!」の語源

たとえば、tact  contact  intact  tax  task  tag  taste  contagious  などの英語の語源は、

ラテン語の  tag  にさかのぼることができよう。

また、text  texture  tissue  techniqeu  architect  などは、

ギリシャ語の  tech  を語源としてもよい。

 

しかし、もともとブリテン島で使われていた英語である  take  や  touch  などはどうであろうか。

こうなると、英語をはじめ、ギリシャ語やラテン語の祖語である

印欧語の  deg  (ふれてえらび、つかみ取る)に語源をもとめるのがよい。

 

印欧語の deg は、先頭の d を t にかえた teg´

この語尾の g を k にかえた tek´

さらに tek は母音をかえて古英語の tak になった。

これがさらに take に、あるいは語尾の k を ch にかえて tach になり、

attach や touch になった。

一方 teg は、ラテン語では tag になり、ギリシャ語では tech になった。

 

このように、語源である印欧語の deg (ふれてえらび、つかみ取る)を響かせる

原音[テク、タク]を耳にしたとき、

原義(ふれてえらび、つかみ取る)からくるイメージがすぐ頭に浮かぶようになれば、

聴きとりはとても楽になるのである。

読み書きはもとより、話す英語への近道は、語源にもどれということ、これが本書の主張である。

 

************************************

★「語源でわかった! 英単語記憶術」

  山並陞一(やまなみしょういち)著 文集新書 720円+税 P.4~5より抜粋

   H15.1.20.第一刷 H23.12.10.第十七刷

 

オイラは、壺坂というのは「平成の清少納言」だと思っているので、

「FAKE!!」という18禁なエロイ詩で出来ているこのロック名に、

実は何か謎が隠されやしないかと推理しているところだ。

 

詩の内容から、

FAKE(フェイク)が「偽り」という意味で歌われているのは、

途中でそう聞こえるから誰でもわかる。

 

ところがこの曲、曲の出来があまりにもイイから、みんな実詩をみないんだな。

そーすると書いた詩の内容が、聴き手には全く違った意味になって飛び込んでくるんだ。

つまり壺坂は、こうした「そら耳トリック」を計算して詩を書いた可能性がある。

でも具体的な内容は、あまりにもエロくなりすぎるのでここでは書けないけどw

 

それともうひとつ、「FAKE」という題名が、

なんと掛け言葉になっている可能性がある。

やっぱりこれも、実態は書きにくいのだけれども、

次のお笑リンク記事がヒントになるだろう。

http://chiebukuro.travel.yahoo.co.jp/detail/1026782470.html

 

壺坂の才能には、こんなところでも驚かされる。

声と楽曲センスと詩と、三拍子そろっているんだ。

(こういうエロイ詩で笑わせるセンスは、桑田以上だろう♪)

 

面白すぎるって!!

 

PS:あーそうそう、FAKEの語源、この書籍からは結局わからなかったのだけど。

   でも、トリックを見破ったから、この場はヨシってことで・・・(静笑)

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    エコシステム
登録日時:2012/11/05(01:22)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。