shin5nackさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ391件目 / 全981件次へ »

油断は禁物、まだまだ放射能に気を付けて

最近何となく空気の感じに違和感が。と、思ったら数値的に放射線量が上がっていたようです。↓1) 福島県郡山市の日干しダイコンが1キロ3421ベクレルと安全なレベル(1キロ40ベクレル)の約100倍の汚染がでました。同じダイコンを室内で乾燥したものは100ベクレルを切ったと報告されています(2012年10月28日)。つまり福島ではまだ空気中にかなりのセシウムが再飛散していることを示していますので、日干しのもの(干し柿、日干しの魚など)に注意するとともに、福島の人はできるだけマスクをしてください。日干しダイコンだけが汚染されるのではなく、人間の肺も汚染されますので。2) 岩手県一関市で製造されたそばから1キロ340ベクレルのセシウムが検出され、出荷停止になりました(2012年10月22日)。一関は岩手県のホットスポットで、行政が生産者のお金を優先し、口に入る作物の汚染を認めないという特殊な考えなので、継続的に一関の農作物を避ける必要があります。3) 山梨県富士吉田市の野生キノコ、キヌメリガサから1キログラム340ベクレルのセシウムが検出されました。安全領域の10倍に当たります(2012年10月25日)。長野のキノコに続いてセシウムが山を越えて拡散していることを意味しています。ただ、これが風に運ばれたのか、トラックや野菜などで移動した人為的影響なのかはまだ不明です。4) 新潟県生活衛生課の情報によると、新潟沖からとれたマダイの内臓から1キログラム21ベクレルのセシウムが検出されました(2012年7月28日)。新潟県は県民のために汚染を注意しているほぼ唯一の自治体ですから、このような発表も積極的にやっています。5) 1ヶ月前に北海道根室沖のマダイから1キロ100ベクレルを超えるセシウムが検出されました。ただ北海道沖のサカナの汚染は種類が少なく、まだ厳重に注意するというレベルではありません。ソース:食材汚染速報http://takedanet.com/2012/11/post_8506.htmlすかさずバイオでメンテナンス。積極的な放射性物質のデトックス、放射性物質による大量の活性酸素発生対策には、バイオ・ノーマライザータブレットを異変を感じたときにすぐ食べ、就寝前にも食べる。(過去記事参照:放射性物質による活性酸素大量発生から身を守るバイオ・ノーマライザー)これだけでおおかたOKです。日常的にデトックス出来る食事としては、白米⇒かみ米;焼き発芽玄米へのスイッチをオススメしています。適正な食事=適正な体型・適正な体重の実現ですので、これはおかずに制限もありませんので、とにかくご飯として普通に食べて下さい。バイオ・ノーマライザータブレット 7,500円【かみ米】『焼き発芽玄米』炊飯タイプ2kg 2,400円【かみ米】『焼き発芽玄米』フレークタイプ1kg 1,600円
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/11/04(20:20)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。