収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
52
注目度
49

ママウサギさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ59件目 / 全116件次へ »
ブログ

経済的な問題で進学できない子供たちへ

現実から目をそらすな。
人をうらやむな、のろうな。
考えて努力すれば道は開かれる。

私だって18のとき同じ環境で自暴自棄になった。
勿論他人に迷惑はかけませんでしたが、どんな気持ちや生活していたかは、人には言えない時期です。

まあ、株をしている人が読むブログにこんなことかいても意味はないけれど、今日は気持ちがなぜか辛く「すべてから逃げたい」だからこんな昔話書くのかなあ?

世の中にはこういう環境の人間はたくさんいる
「負けるな、がんばれ」
私も同じ経験をした
今は昔と違う
「奨学金」を申請する
「日中働いて、夜間大学に通う」

私の経験で、知っていること
私の友人は県立高校で一生懸命勉強して「大学は特待生で学費はかかりませんでした」
私の妹、夜一流ホテルのレストランで働いて会社の寮に入れてもらい日中学校に行きました。

前向きに考えると何とかなる
親のすねかじって勉強するより絶対良いと思います。

私の経験
親「働いて妹を大学に入れて」
18の少女には辛い宣告でした
先生に体育教官室に呼ばれ、私が泣こうがどうしようが「就職試験」を受けるというまで「軟禁状態」でした。
20年後の同窓会で知ったのですがこの先生がどうしてこんなことをしたのか、うちの親が電話して私を働くように先生に頼んだそうです。

こんな経験して18の春を迎えても私の心は「泣いてました」

だけどがんばって「松下電器」で働いていただいた給与で、親の反対していた「自動車学校に行って免許をとった」「軽自動車も買った」
たぶん親は金銭的な面で反対していたのだと思う。

だけど、心はボロボロ友人は都会に進学している、新しい友達はできない、免許と自動車を手に入れた私はすぐ仕事をやめてしまいました。

自分でできる勉強はないかと、珠算1級と簿記3級をとりました。これは地元の商工会議所に申し込めば誰でも試験受けれます。

そんなとき、今の旦那の職場にバイトに行き出会い心が少しづつ少しづつ明るくなりました。
旦那は私にとっては必要なときに出会った必要な人でした。

「経済的な問題で進学できない」

昭和初期ならいざしらず、今の時代の18才にこの現実を突きつけられたら心が折れる人も出ると思います。経験者しかわからないですよね。
だからといって、人に迷惑をかけてはいけない。

都民銀行に税金使うくらいなら、保育園や小中学校の給食や、本当に勉強したい子供に融資してほしい。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
4件のコメントがあります
  • イメージ
    yoc1234さん (599.25point)
    2008/03/27(16:10)
    こんにちは

    この文章をあの18歳に聞かせてあげたいです。
    同じような経験をした人は多かったと思います。
    だけれども、其処で自分を大事にするか1度しかない人生どう生きようが勝手です。しかし、他人を巻き込んではいけません。やっていいこと悪いことは大人が教えるものです。小さい時に喧嘩して初めて痛みがわかります。痛みがわかる人にならなくてはいけません。
  • イメージ
    yoc1234さん
    コメントありがとうございます

    私はあの事件を見て、とても腹立たしくおもいました

    それと、同時に同じつらい思いをしている若者の事件が連鎖反応で、出ないことを祈る気持ちで、書きました。
  • イメージ
    こんにちは

     株をいじって遊んでいる時点で、我々には余裕があります。

     都民銀行は、貸し渋り全盛のころに発足しました。理念はすばらしいですが、関わっていた人間が最低でしたね。400億つぎ込んだって、延命にしかならず、良くなることはないでしょう。もったいないですね。400億あれば、どれだけのことが出来るか・・。

     経済的な問題から、進学できないという状況は、辛いものでしょうね。僕は、想像することしかできませんが、18当事の僕にその状況を突きつけたら、どんな精神状態に陥ったかと考えると、怖くなります。
     しかし、ママウサギさんは「進学したい」という、強い意思があったことにより、自主的な向上心と、自立心が培われたような印象を受けます。すんなり進学した人たちよりも、多くのものを得ているかもしれません。

     余裕があり、希望するどんな進路にも進めるような人間が、無気力化し、ニートなるものに変質することもあります。何がその人にとって最良かは、最後までわかりません。結局その人間の本質次第だと思います。

     冒頭に言われてるように、逆境を糧にして、前向きに行くべきだと思いますね。
     子供たちには、「人生において、何が大事か」という教育のほうが必要と感じます。
  • イメージ
    はんちくさん
    コメントありがとうございます

    40年間色んな経験したけれど、全部私に必要だったのでしょうね。できれば経験したくないこともたくさんありますが、神様はその人に超えられないほどの試練は与えないと思います。

    日本の政治は高齢者には案外お金を使うが、これから日本をしょってたつ子供たちや、いま必死で働いて子育てしている世代には厳しいように感じます。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。