天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1461件目 / 全3532件次へ »

投資部門別売買状況(2012年9月)


2012年9月(9/3~9/28)の月間売買状況のデータです。月前半に日米欧で相次いで金融緩和が発表され、株式市場も期待+結果で大きく上昇をしましたが、月後半はイベント通過で材料出尽くしとなってしまい、月の中で行って来いになってしまいました。欧州ECBの国債無限購入、米国のQE3(住宅担保証券の買入れ)、日銀の資産買入資金拡大、この3つの追加緩和の効果が来月以降どう出てくるのかが注目です。

【東証一部】(日経平均株価 8/30:8839.91→9/28:8870.16)

証自(18%)  買;3兆9176億    売;3兆5549億  差引;+3628億
法人(8%)    買;1兆5615億   売;1兆6208億   差引;-594億
個人(16%)  買;3兆450億     売;3兆3017億   差引;-2568億
外人(57%)  買;11兆6564億  売;11兆6887億 差引;-324億
証委(1%)    買;2984億         売;3106億       差引;-123億
合計(100%)買;20兆4788億  売;20兆4768億 差引;+20億

【ジャスダック】(ジャスダック指数 8/31:1302.40→9/28:1315.71)

証自(4%)    買;105億         売;122億            差引;-17億
法人(7%)    買;175億         売;217億            差引;-42億
個人(63%)  買;1708億        売;1754億          差引;-46億
外人(19%)  買;576億         売;466億            差引;+110億
証委(7%)   買;205億         売;201億            差引;+4億
合計(100%) 買;2768億       売;2760億          差引;+8億

まずは東証一部。前月久々に買い越しに転じた証券会社が2ヶ月連続の買い越し、ただ一方で外人は5ヶ月連続の売り越しで、外人の売りが相場の頭を押さえている感じでしょうか。他の主体も法人が6ヶ月ぶりに売り越し転換、個人も2ヶ月連続の売り越しで、証券会社の買いVSその他主体の売りという非常に珍しい主体別動向になりました。

続いてジャスダック。こちらは国内勢の売りVS外人の買いとなり、新興が絶好調だった3月の売買動向と同じになりました。これは素直に良いサインと見て良いのではないかと・・・天井が近いという懸念もありますが(^^; もう1つの大口主体である個人は3ヶ月連続の売り越し、個人が買って相場が上がるという状況にはなかなかなりませんな。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/10/08(18:30)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。