goldfingerさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ506件目 / 全581件次へ »

本当の実力が身につく学び方 (論語)

賢者を尊敬する心が素振りに現れ、父母に力の限り孝行し、君主に仕えては身を捧げて忠義を尽くし、友には言ったことを誠実に実行する。そういう人が「自分はまだ学問をしていない」と言っても、私はこの人はすでに学問を究めた人だ
(子夏)

学ぶことの目的とは何か?

有名な企業に就職して、安定?

高給を得るため?

子夏は親孝行をし、主君に仕え、友人と信頼しあってる人は学問をした人だ言う。

主君に仕えるとは、現在であれば、会社だけでなく、社会全体の幸せのために努力すること。

お金が使いきれないほど、あったとして、そのとき、己の欲得以外に、自分が何を社会のためにしたいか?

それが人間として本当の学ぶ目的。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    論語 友人 君主
登録日時:2008/03/24(22:38)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。