☀サインは無限大☀(^∞^)☀さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ810件目 / 全2400件次へ »

UBIC「時代の流れ帆に受け」1万円が有望


[株式評論家の視点]株価出直り加速のUBIC、「時代の流れ帆に受け」1万円が有望

10時44分配信 サーチナ
現在値UBIC6,210 +90



<銘柄の見所>

 UBIC <2158> (東マ)が9月26日に大陽線を引き、底値ゾーン離脱へ勢いを増してきた。今年の高値3月16日の9900円に対し、5000円台で低迷していただけに、見直し買いにタイミング待ちであったともいえる。

ここへきて証券会社がレーティングを買いに位置づけたことも手掛かりになっている。

 今2013年3月期の第1四半期決算は営業利益4億9700万円と、前年同期比17.1%の減益決算となった。

通期では営業利益24億円、前期比5.4%増の見通しが据え置かれたが、やや軟調なスタートとの見方から小口売りに押され、8月23日には5000円まで売り込まれた。

 3月高値に際しては電子記録のデータを解析し関係あるデータのみを取り出すことができる「フォレンジック」システム関連として注目された。

それとともにディスカバリ(証拠開示)支援サービスの拡大も続いている。グローバル化の進展に伴い、日本の企業が米国を係争地とする訴訟に巻き込まれるケースも急増しており、同社のディスカバリへの需要も着実な増加を示している。

まさに時代の流れを帆に一杯受けている存在。

 アナリスト筋では今期の大幅増額、来期の連続大幅増益を想定する声が強い。

今後成長性評価の動きが高まる方向となろう。1万円相場が大いに期待される

 

(株式評論家・隆盛)

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)
登録日時:2012/09/27(12:41)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。