おぢさんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ174件目 / 全255件次へ »

現象はいつも後から

内在化していた問題が、顕在化していく過程で、上げや下げにつながるのですが、現象はいつも後からついてきます。

顕在化した際には(上げ、下げで損が出た際には)すでに手遅れ、というケースが相場には往々にありますから、「いま」「ここ」での判断とこれから「どうなるのか」「どうするのか」の想像力と対応力が日々試されている訳です。


私のつたない想像力で需給を中心に考えさせていただくならば、残念ながら、現在の状況は1月のあの下げの時よりも数段悪いと考えます。


特に先々週、先週と買い越しになった個人投資家の多くは、短期で売り買いを繰り返す投資家よりも、より中期・長期の視点で投資を考えている投資家がかなり含まれると予想されます。


そこから株価水準は切り下がり、既に水浸しの状態です。
中・長期での投資資金は凍結され、投資意欲は減退しています。


下げ過程で、買いを入れることは非常に難しいです。
1月のような一本調子の下げの場合は大きな反発力を生みますが、今回のような踊り場を入れた下げでは、その都度反発力が失われ、底はますます深くなります。


個人的には彼岸底を期待していますが、踊り場で小反発の都度、買いの資金と意欲が奪われているような印象で、春はまだ先のような気がします。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/03/20(21:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。