天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1475件目 / 全3509件次へ »

2012年8月28日(記録のみ)


日経平均 ; 9033.29 (-52.10)
TOPIX ; 746.30 (-9.07、3日続落)
JASDAQ指数 ; 1312.28 (-2.43)
マザーズ ;335.42 (-3.24)

本日も記録のみ。今週はあまり相場を見れなかったのですが、見てないうちに地味にやられてました。8月も月間プラスを確保できるか危うい状況・・・。

-------------------------------

日経平均52円安、先物の動きに振らされる=28日後場
8月28日(火)15時09分配信 モーニングスター

 28日後場の日経平均株価は前日比52円10銭安の9033円29銭と反落。先物への断続的な売りに押されて弱含んだ。一時9000円を割り込むと押し目買いに支えられて下げ渋ったが、引けにかけて戻りは鈍くなった。新たな悪材料は見当たらず、「仕掛け的な動きに過ぎない。今後のトレンドを左右するようなものではない」(国内投信)との声が聞かれた。東証1部の出来高は16億2999万株。売買代金は9806億円。騰落銘柄数は値上がり253銘柄、値下がり1311銘柄、変わらず106銘柄。

 市場からは「週内は31日のバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演待ちで先物にも振らされやすい。きょうは米国でいくつかの経済指標が発表されるが、材料にはならないだろう。バーナンキFRB議長は市場を失望させるようなことを言うとは思えないが、直近では悪くない経済指標が目立つうえ、NYダウが高値圏で推移していることからも、9月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で追加金融緩和を実施するとの見方は少ない」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、クレディスイス証が新規「弱気」とした四国電 <9507> など電力株が全面安。野村 <8604> など証券株や、第一生命 <8750> など保険株もさえない。住金 <5405> など鉄鋼株や、住友鉱 <5713> など非鉄金属株も軟調。大阪チタ <5726> なども戻りが鈍かった。ホンダ <7267> など自動車株も下押した。特種東海 <3708> 、日本紙 <3893> などパルプ・紙株も下げ基調。国際帝石 <1605> など資源開発株も売りが優勢となった。

 半面、カルビー <2229> 、味の素 <2802> など食品株はしっかり。クレセゾン <8253> 、アコム <8572> などノンバンク株も底堅く推移した。個別では、公的資金の返済計画を発表したあおぞら銀 <8304> や、8月度で既存店売上高が2ケタ増となったクスリのアオキ <3398> 、台湾・鴻海会長の来日で協議進展期待が膨らんだシャープ <6753> などが継続物色された。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、31業種が下落した。

-------------------------------

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/08/28(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。