kaneo56さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ131件目 / 全212件次へ »

認知度・インパクトでリッチ広告がバナー広告を上回る

今回の調査では、同一の掲載ポジションで通常バナー広告を掲載した場合とリッチ広告を実施した場合の効果差異検証を行い、リッチ広告自体に対する興味・関心、好感度などユーザー意向の検証が行われた。
調査では、エキサイトトップページ上に、エキスパンド広告(エキサイトTop Pageフローティング広告)を掲載して行われた。

リッチ広告の認知は通常バナー広告の認知を大きく上回っており、バナー広告を「見た」と回答した人が36.6%なのに対して、リッチ広告は52.0%。さらに「見た」+「見たような気がする」の合計は、バナーでは77.0%なのに対してリッチ広告は81.3%にのぼっている。

広告イメージにおいても「個性がある」「インパクトがある」「先進的である」のいずれの項目においてもバナー広告を上回っている。

広告接触後の消費者の態度変容を「商品サイトにアクセスしたい」「商品をネットで検索したい」「商品を詳しく知りたい」「商品を購入したい」の4つのフェイズで見た場合、いずれのフェイズでもリッチ広告がバナー広告を上回った。

まぁフローティング広告が効果が大きいのは当然でしょうね。
無理やりfirst viewで広告を見せるからね。。。

まだ見慣れていないのでインパクトが先行あるけど、慣れてくるとこれほどウザイ広告もありませんから。
ユーザーに受け入れられるクリエイティブが求められるね。。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/03/18(10:11)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/03/18(19:44)
    リッチメディアはまだ目新しさがありますね。

    web1.0な感じのバナーはすでに古い感じがしてしまいます。
    また、見慣れている人も多いので、スルーしてしまうかも…。

    商品やサービスを広告するというだけでなく、ユーザーが満足できる広告、楽しい広告(=上の日記のクリエイティブなに置き換えていただいても構いません)が、より台頭してくるのではないでしょうか。
  •  通報する

    2008/03/28(18:11)
    コメントありがとうございます。

    広告は楽しくないと、見ないですし、受け入れてもらえないですよね。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。