ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ194件目 / 全696件次へ »

ナダルが2回戦でまさかの敗退 -ウインブルドンテニス-


Tennis News より
[ロンドン 28日] テニスの四大大会の今季第3戦、ウィンブルドン選手権は28日、男子シングルス2回戦を行い、全仏オープン王者で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)はルカシュ・ロソル(チェコ)に7─6、4─6、4─6、6─2、4─6で敗れた。

 ナダルを破ったロソルは世界ランキング100位の選手だというが、TVで見た限りではテニスの技術は勿論、試合態度、体力、精神面ともナダルといい勝負、いやこの試合に限っては、サーブからの攻撃力でやや勝っていたように見えましたね。試合のデータを比較しても、堂々たるものでランキング差を感じさせるものはありませんでした。

試合のデータ分析(数字はたいへん拮抗しています)
ロソル(チェコ)          対       ナダル(スペイン)
サービスエース    22          19
ダブルフォールト    3          2
1stサーブ確立     67%         67%
1stサーブポイント   83%         78%
2ndサーブポイント   58%         78%
最速サーブ      214Km/h      208Km/h
1stサーブ平均    198Km/h      189Km/h
2ndサーブ平均    162Km/h      152Km/h
ネットポイント    22/28=79%      14/21=67%
ブレークポイント   4/8=50%      3/4=75%
レシーブポイント   27%           26%
ウイナー        65本           41本
エラー          29            16
トータルポイント    139           137

 再確認すると5セット(51ゲーム)戦ってサービスをブレイクしたのはロソルが4回、ナダルが3回だけ、トータル獲得ポイント差はわずかに2ポイントでした。


 結末はナダルファンとしては残念でなりませんが、強いて敗因を探せばレッドクレー育ちのナダルが今回は芝のコートに十分アジャストできていなかったことではないでしょうか。それはリターンの球足がやや短かくなったのが多かったことと、芝に脚をとられて2回転倒したこと等目に見える形で表れていたと思います。短いリターンをすかさず突いたロソルのサーブからの攻撃力が終始ナダルを苦しめた試合展開でした。負けたナダルを責めるより、勝ったロソルを讃えたいと思います。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/06/29(22:32)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。