元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ719件目 / 全1732件次へ »
ブログ

3.11大震災の前に、脱出したオイラの霊能者

嫌な予感は、元から絶たなきゃだめ・・・。

 

その霊能者の親父は生粋の認知症、何故か思った、

それまでの拠点地・新小岩と座敷わらしで有名な東北の緑風荘を離れた動機は。

妹夫婦すらも引き連れて、彼は奈良県の大神神社麓に引っ越したのだった。

 

今から思えば、座敷わらしな緑風荘が全焼したのは、

3.11前だったが、

不思議なことに、座敷わらしの本尊と言われた亀ちゃんを祀っていた祠は、

これっぽっちも燃えていなかったのだった。

 

この霊能者は元自衛隊員で、自称ではあるがその前世・源義経公に仕えた佐藤兄弟の筋だという。

素は、日蓮宗の絡みなのであった。

また、その師匠は地元で元来有名な霊能者であった。

(木村藤子クラス)

 

オイラはこの文言に捕らえられ、

ボッタクリ霊能者かどうかさんざん探りを入れ、

何度か視てもらったことがある。

 

トリックの可能性も否定できないが、

オイラの家の造りを霊視し、

死んでいた父方祖母の風貌もぴたりと当てていたのだ。

 

しかも新潟筋の母方先祖が、武士だと見抜いていた。

オイラは先祖は皆、百姓だと思っていたので、

これを母方の系列に問いただすと、

なんでそんなことを知っているのだと驚いていたし、

オイラの母方先祖の名字が珍しい名で、キドマというのだが、

この件で実際に、現地新潟のキドマ性の人とメールでやり取りしたこともある。

 

なんでもこの先祖は、江戸幕府末期の徳川家筋なサムライ

(当時の刀番、オイラが神奈川県でF通なIT談合と闘って知り合ったのは児玉系な直系金庫番)で、

未だに刀を振り回し、成仏できないでいるとという。

 

まぁいい、オイラの件がトリックだとしても、

何故に3.11の前にて、奈良まで親族引き連れて引っ越ししていたのか。

 

誰にもこれを説明することはできないだろう。

(知っていたとしたら、ブッシュ関係者だということのなってしまう)

 

ただただ証言できるのは、彼がホンモノの修行者であったということだ。

気づこうと気づかまいと、彼は安倍清明と同じく、式神(=卷族)を使う霊能者だと感じる。

誰が好き好んで、七面山を1日で4回も往復するのかね???

(元自衛隊じゃなきゃ、とてもじゃないができない相談だ。

 普通は富士さんの強力=ゴウリキでも、1回で終了レベルな霊山)

(疑う人は登頂記録を調べてね。「日宋」という名前)

 

初心者向けだと言われているこの霊山、

オイラは初挑戦で、

登頂・下山に10時間以上かかっている。

(これでもオイラ、元高校球児だってばさ・・・)

 

PS:日本にいる伝説的な自縛的怨霊は、実は逆に心底優しい救いの神なのかも・・・。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    赤玉さん (対象外)
    2012/06/14(10:19)

    たいへん面白いお話です。

  • イメージ

    青い熊さん、恐縮です。

     

    なんで相場のブログにこんなことを書くのかというと、

    もしもこういう能力が事実だとしたら、

    また、その能力が後天的な努力で身につくことがあるとしたら、

    相場の読みに役立つのではないかと思ってからなのです。

    (ぎゃぁ~、なんと欲望にまみれた話なんでしょう!)

     

    戦国武将が神社へ参拝していたのは、

    また特定の神仏へ傾倒していたのは、

    やはり闘いに対する御加護を期待してのことだし、

    オイラは神社で実際に不思議体験をしているので、

    こういった御加護が、

    実は神仏の卷族(式神)によってもたらされていると

    感じているのでした。

     

    霊視や遠隔透視というのは、

    背後霊とか卷族(式神)とか宇宙人とか、

    はたまたホンモノの神仏か、その正体は知らねども

    そういったものがもたらしている能力に思えるのです。

     

    またしばしば書きこんでいる陰謀論にたいする興味も、

    最終的には、相場のイカサマティックな読みに役立つ可能性があるからです。

    (嗚呼、これもまた欲望にまみれた話!)

     

    なのでオイラの書き込みは、どんなに相場に関係ないことのように思えても、

    実は全部裏側で相場の話につながっているのでした。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ