瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ359件目 / 全525件次へ »

寄り付き前予想

昨日の米国市場は上昇。ISM非製造業景況指数が予想を上回り、買いが優勢、ダウの上げ幅は一時100ドルを超えた。その後、アムバックの救済案が伝えられ、救済内容が不十分との見方から売り優勢となり、小幅上昇にとどまった。
本日の日本市場、米国の流れを引き継ぎ、上昇してのスタートを予想。ただ、米国市場がアムバックの救済案が不十分と判断していることは日本でも影響し、上げ幅は限定的になるのではないか。噴いたところで利益確定に押される動きになると予想。
/─。

NY株式5日(終値)
ダウ平均   12254.99(+41.19 +0.34%)
S&P500    1333.70(+6.95 +0.52%)
ナスダック   2272.81(+12.53 +0.55%)

CME日経平均先物 13035(大証終比:+65 +0.50%)

寄り付き前の外資系証券注文動向は、株数ベース、金額ベースともに売り越し。

米国内でも、欧州からの輸入商品を売っているお店ではユーロの支払いが求められるそうです。買い付けにいき、ドルで支払おうとすると「ドル!ノー!」といわれるそうです。
こういう市場が本格的に定着してしまうとドルに「いつか戻る」は通用しなくなるのかもしれません。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    寄り付き前予想
登録日時:2008/03/06(08:27)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。