天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1635件目 / 全3532件次へ »

アコーディア現経営陣 VS 秋本氏&オリンピア連合


秋本氏の記者会見後、会社からの反論IRが出て泥沼化しそうな2131 アコーディア・ゴルフのコンプライアンス違反問題ですが、ここらで一度双方の主張を整理しておきたいと思います。私の主観も入っていますので、事実とは異なるかもしれません。正確な情報は会社のIRやその他ニュースソースをご覧くださいませ。(→リンク)

<秋本氏、オリンピア側の主張>
・竹生社長が親密な女性に“モニター料”と称して、会社資金を不正に使用した疑いがあると一部株主から情報提供があった。
・秋本氏が疑惑について調査すると社長に伝えた所、コンプライアンス委員長を解任された。
・よって、6月の株主総会で現経営陣の再任には反対、取締役8名、監査役3名選任について独自の株主提案を行う。

<アコーディア側の主張>
・不正流用の疑いがあるのは事実、ただし竹生社長だけでなく秋本氏含む社内取締役4名が対象。
・株主提案に名を連ねているオリンピアは、競合であるPGMの親会社平和の子会社である。
・昨年12月に平和がTOBでPGMを子会社化して後、経営統合の提案を受けて検討中であったが、PGM側より本コンプライアンス問題により凍結の連絡があった。
・その後、平和、オリンピア、秋本氏らはこのスキャンダルを利用して、経営統合を円滑に進めようという動きがあった。
・秋本氏は自社の利益よりもPGMの利益を優先する恐れがあると判断し、本人以外の取締役全員一致で総務担当役員の任を解いた。
・提案されている取締役メンバーには、平和関係者が含まれている。

アコーディア側のリリースを見ると、全て平和グループに仕組まれた事だという説明になっていますね。元顧問がPGMの社長に就任し、経営統合の話を持ちかけてその過程でスキャンダルをネタに経営陣を都合の良いメンバーに入れ替える、その後に有利な条件(株式交換とか)で経営統合を行う・・・なんてシナリオがあるのではないか?と暗に示唆する内容になっています。

結局、コンプライアンス委員会の調査結果が出ないと何とも言えませんけど、平和グループの傘下に入ってしまうようなら、その時点で残念ながらこの会社ともお別れですかね。。。個人的には、この話で統合が決裂してお互い独立したままの方が、平和グループ以外の株主(アコーディアもPGMも)には良いと思うので、そんな展開を希望します。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/05/06(15:13)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。