jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1174件目 / 全1494件次へ »

左翼政党と官僚機構は相性が良い(増税と規制強化)

 官僚機構は放置すると、無駄な仕事を増やし、無駄な人員を増やし、無駄な予算を増やし(つまりは利権拡大)、そして、増税に走る

 この流れは、左翼政権の大きな政府路線=国が何でもやります路線=税金で何でもやります路線=増税路線、とぴたり一致する。


 かように、左翼政権と官僚機構は相性が良い


 最近のバス事故の件も、国交省の規制強化、規制緩和潰しの方向で決着しそうですね。
 規制緩和で危険増加、、と思うのは誤解、というか官僚の手のひらで踊らされている。

 規制緩和と同時に、役所が不正緩和するから、危険増加となるのです。
 で、役所が不正緩和=不正監視を弱めるのは、規制緩和=危険増加、というネガイメージを広めて、規制緩和を潰すためです。
 規制緩和などしたら、役所の権限が弱まり、利権や天下り先が減る。 これはお役所的にまずいのです。

 

 規制強化は、官僚機構の利権拡大路線でもあり、左翼政党の大きな政府路線(政府関与を強める路線)でもあり、経済活動阻害路線=経済停滞路線でもある

 

 規制緩和で不正監視強化、不正罰則強化、、これが経済活性化、国民益増大のための正しい路線だが、左翼政権下ではそうならない

 

 

 民主党=左翼政党は大きな政府路線だから、増税と規制強化にまみれます

 大きな政府路線とは、官僚構肥大化路線(増税と規制強化で民間経済シェアは縮小)であり、官僚天国でもある

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2012/05/04(00:49)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。