収益性
82
活発度
0
人気度
69
収益量
73
投稿量
100
注目度
90

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2825件目 / 全3060件次へ »

イオンが方針転換 国内抑制し海外積極出店へ

この間下方修正したイオンだが、国内から海外へと方針転換を打ち出したようだ。

休みの日にジャスコへ行ったが店舗の割りにお客は多くなかったように感じた。

内需は消費落ち込みに歯止めが掛からず、お先も明るさが見えない中で、海外への方針転換というのは苦肉の策なのかもしれないかなと思った。

ただ中国という国はリスクが多い気がするが。。。
大丈夫なのだろうか?



http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080228/biz0802281959015-n1.htm
イオン、利益重視に転換 国内抑制、アジア出店へ

 流通グループ大手のイオンは28日、積極的なM&A(企業の合併・買収)により世界の小売り売上高10位以内を目指す「グローバル10」構想を転換し、規模拡大から利益重視に軸足を移すと発表した。投資効率が高い中国や東南アジアで出店を増やし、2011年までに現在の3・5倍にあたる190店舗体制とする一方、国内出店は純増数で来年以降10店未満に抑える。この結果、海外投資額は今後3年で約4倍の1400億~1600億円を中国、アジアに投入する計画だ。

 イオンの豊島正明専務執行役は同日、東京都内で開いた説明会で「グループの舵を大きく切る」と宣言した。

 これまで経営破綻(はたん)したマイカルやヤオハンに加え、昨年はダイエーをグループに加えるなど“帝国”の版図拡大に熱心だったが、「グループ売上高6兆円は相乗効果を出すには十分な規模」(豊島専務執行役)と判断。今後は昨年設立したグループ共通の商品調達や仕入れを手がける機能会社をフル活用し、さらなるコスト削減を目指す。

 同社は中期的な経営の進路を「多角化」から「選択と集中」へと志向し、資産の流動性向上や、本業で生み出す現金収支を上回る投資の抑制などを挙げた。今後3年間の総投資額は、過去3年間の1兆2000億円の70~75%程度で推移するとしている。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    イオン
登録日時:2008/02/29(16:47)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。