天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1696件目 / 全3532件次へ »

2012年3月2日(記録のみ)


日経平均 ; 9707.37 (-15.87)
TOPIX ; 831.54 (-4.42、2日続落)
JASDAQ指数 ; 1308.59 (-4.86、2日続落)
マザーズ ;380.79 (-10.37、3日続落)

昨晩のNY市場はダウ、ナスダック共に反落。バーナンキ議長の会見で、追加金融緩和(QE3)についての言及がなかった事で、失望売りが広がりました。日本市場も今日は下落。寄り付きは上昇している銘柄もけっこう多かったように思うんですが、見事な寄り天でしたね(^^; 新興、特にマザーズは下げがきついですな。

-------------------------------

 

日経平均69円高、円の弱含みやアジア株高で持ち直す=2日後場
3月2日(金)15時17分配信 モーニングスター

 2日後場の日経平均株価は前日比69円66銭高の9777円03銭と反発。ドル・円が81円台半ばまで上昇したほか、上海総合指数などアジア株も軒並み買われたため、日経平均も持ち直しの動きとなった。一方、週末で積極性は乏しく、9800円に接近すると利益確定売りに押されて上値は重くなった。東証1部の出来高は22億5158万株。売買代金は1兆3140億円。騰落銘柄数は値上がり1220銘柄、値下がり330銘柄、変わらず124銘柄。
 市場からは「円安が支えになったが、実際に買われているのは内需株。ドル・円の上昇が輸出関連株への売り圧力を弱めたのだろうが、全体的には方向感のない相場だった。決算前で機関投資家の売りが警戒されるうえ、これまで一本調子だったドル・円の上昇も一服感がある。売り材料もないことから、下値の限られた展開が続く見通しだが、来週は週末に米2月雇用統計の発表を控えている。日経平均株価は1万円の大台まで300円もないが、新たな展開がみられなければ、しばらくお預けになりそう」(国内投信)との声が聞かれた。
 業種別では、住友不 <8830> など不動産株が堅調。三井倉 <9302> など倉庫株も継続物色された。大和証G <8601> など証券株も買われ、クレセゾン <8253> などノンバンク株も上げ基調。JR東海 <9022> 、セイノーHD <9076> など陸運株もしっかり。東北電 <9506> 、東電 <9501> など電力株の上昇も目立った。新日鉄 <5401> など鉄鋼株や、東邦鉛 <5707> など非鉄金属株も引き締まった。個別では、社長交代人事を発表したヤフー <4689> や、記念配当の実施を発表した主力大証の船井電機 <6839> などが高い。
 半面、日産自 <7201> など自動車株の戻りは鈍かった。HOYA <7741> など精密機器株もさえない。個別では、ファーストリテ <9983> 、ダイキン <6367> 、ソフトバンク <9984> などが売られた。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、30業種が上昇した。




-------------------------------

くれれば買い増せるかもなと思い、重点監視中です。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/03/02(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。