収益性
0
活発度
0
人気度
52
収益量
0
投稿量
79
注目度
55

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1230件目 / 全1494件次へ »
ブログ

財政改善のための増税?(日本国の財政悪化は進まない)

 日本の財政悪化がどんどん進むには、経済成長率が国債金利(利払い)より低い状態が続かなければいけない

 このためには、デフレ状態を持続させ続けなければイケない

 しかし、デフレ状態が長期間続くことは歴史上極めてまれ

 意図的にそういう政策を取り続けねば、デフレ状態継続は困難なのです。

 

 逆に言うと、今のデフレ政策(日銀の通貨供給を抑えめにする施策)を止めれば、増税せずとも、財政悪化は直ちに止まる

 財政悪化だから増税を、という理屈は成り立たなくなる。

 むしろ、国民を増税(=役所のお金、利権増大=政治家の利権増大)に追い込むため、わざとデフレ政策を取り続けて、賃金低下、就職難、リストラ増大で社会不安を煽っている可能性大

 

 安心・安全のための増税、、というキャッチフレーズはデタラメ。

 安全、安心、将来不安解消のためには増税でなく、まずデフレ政策を止めることです

 

 

 財政悪化は意図的にしか進まない。 財政破綻も意図的にしか起きない。 放漫財政やデフレ政策持続でしか、それらは起きないのです。 日本はギリシャのような放漫財政国でないから、デフレ政策、、これが問題なのです。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ

    こないだNHKで財政問題を取り上げた番組をしてましたが、財務省を取材したときの彼らの言い分が

    「利払い負担増を避ける為にも、国債金利をわずかでも上げてはいけない。でないと破綻する」

    でした。


    けどね、デフレが解消してインフレ基調に傾き経済が成長すれば、国内に投資先が増えて銀行は1%そこらの国債なんかよりも、もっと有利な投資先に資金をシフトします。

    結果国債金利は上がります。


    結局彼らが言ってんのは経済成長断固反対!っつってんのと一緒ですよね。
  • イメージ
    jojuさん (対象外)
    2012/01/14(20:01)

    どうもです。

     

    そうですね。 国債金利が上がっても、税収も上がるのだから政府は困りません。 銀行も国債から他資産にシフトしていくだけのことで、よほど間抜けなとこ以外は困りませんね。

     

    財務省は経済成長反対なわけでなく、増税一直線なのでしょう。 その結果、もしくはそのために経済停滞となっても、それで人生が狂わされるヒト(リストラ、就職難、賃下げ)が出ても関係ないのです。 そこまで頭が回らないのです。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。