jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1249件目 / 全1494件次へ »
ブログ

欧州問題はショックが起きてから漸進(ECBの出番近し)

 ドイツ首相は、自分の誤った考えに絶対的自信を持っており、市場が間違っているとの信念を持っているので、市場が悲鳴を上げなければ動かない。

 市場が悲鳴を上げ、何らかのショックがあって初めて渋々動く

 

 今般の格下げ問題も、このパターンが踏襲される可能性大。

 

 先送り戦術を取るつもりならば、ECBがもっと緩和的にならなければいけないのだが、そうでもない。

 今のままだと、だんだんとショックの間隔が狭まり、大きくなっていき、最後はECBが動かざるを得なくなるでしょうねえ(--; 

 金融緩和合戦の始まりです(ただし、日本を除く、たぶん)

 

 ESMやら共同債やらEFなんたらやら、短期対策・中期対策・長期対策やら、解決策を複雑化しまくって来ましたが、漸く落ち着くべきとこに落ち着くことになるのでしょう。

 

 ドイツでもシュレーダー元首相などは、状況を正しく認識し(理路整然)、シンプルで正しい解決策を提示していたのだが、如何せん、既に過去のヒト。

 

 日米独とも政治が劣化しています、、、米国は有能スタッフ(ガイトナー)が経済に弱い大統領をカバーしてますが、日独にはそれがいない。

 特に日本は、反日政党が政権についてしまったのだから手に負えないです。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ