収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
79
注目度
54

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1262件目 / 全1494件次へ »
ブログ

ドイツ首相、逆噴射中

 ここのとこの報道を見るに、ドイツのメルケル首相、欧州問題の解決策に、ことごとくノーを乱発しまくっております。

 

 通貨統合なのに財政統合でない、今のEUでは、独仏など主要国がPIIGSの財政政策にも責任をもつべき、というか、持たざるを得ないのだが、それが分かっていない(同様に、ECBもPIIGS国債を買いまくるべきと思います)。
 通貨統合で旨味を得ているドイツは、その真逆のPIIGSに財政支援するのが当然だし、せざるを得ないのだが、それも分かっていない。

 

 何より、そういうドケチ=不公正をやると、巡り巡ってドイツ経済が大打撃を受けることになるのだが、それが分かっていない。

 ドイツが旨味だけ得よう、損を減らそう、と考えているうちは、PIIGS問題は解決しないでしょう。

 ドイツにも被害が及び、問題長引かせで、旨味を上回るデメリットが来るようになって(バブル崩壊後の日本同様)、初めて問題解決方向に動くのかも、です。

 問題解決がPIIGSへの本格支援(制御されたデフォルト)でなく、ユーロからの追い出し、もしくはドイツの飛び出し(制御不能のデフォルト)になる可能性も高まりつつあります、最近のメルケルおばさんの逆噴射振りを見る限り。
  

 世界の投資家がドイツ国債からも逃げ出したくなるわけです、、、(^^;

 

 

 ドイツの逆噴射の規模、期間がほどほどならば、欧州景気低迷で、世界景気回復はより緩慢化するものの、回復トレンドは変わらないでしょう

 米国、新興国は、金融緩和をより巨大化させてパッチ出来るからです(これは円高方向に作用。日銀ももっと通貨供給して欲しいものです)。

 

 欧州の中でも包囲網が出来つつありますが、どの程度、どこまで、ドイツの逆噴射が続くか注視を

 

 

(補足) 青臭い考えかも知れませんが、世の中って、結構、シンプルだと思うのです。
 なるようにしか、ならない、と思うのです。
 それなのに、甘い汁、青い鳥を追い求めるから、ヒトは苦しみ、メルケルは暴走し、EUは迷走し、安住氏は大臣になり、日本経済は没落していくのだと思えるのです、わたくし的には(--;


 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ

    メルケルさんはドイツの首相なので、最終的にはドイツ国民の民意に従わざるを得ないんでしょーね。

    結局通貨を統合するなら国家も統合しないといずれ破綻する、という苦い教訓が残るだけなんでしょうか…。
  • イメージ
    jojuさん (対象外)
    2011/11/26(12:32)

    どうもです。

     

     仰ることは良く分かります。

     民主主義では民意は重要です。

     

     しかし、民意に従うだけならば、政治家はいらない、とも思えるのです、、、誤解を恐れずに言えば。

     

     なぜならば、平均的国民の知的レベルは、平均的政治家の知的レベルより低いはずですから、単純なご用聞きで、あぐらをかかれては困る、ということもありよね、国民的には。

     

     民意が明らかにおかしく不合理で、国民自身にマイナスになるならば、それを説き、国民を説得して正しい方向に導く、、、それがホントの指導者であり、ホントの政治家でないのだろうか、とも思うのです。

     

     毎度、似たような例えで恐縮ですが、客が分かってる料理だけ出すならば、シェフと呼べないですよね。

     プロの商売というのは、お客に提案出来てナンボでないでしょうか。

     

     政治家は単純なご用聞きではいけない、と思うのです。

     『政治屋』(=政治サギ=国民をダマして税金にたかる職業)ならば、無責任で良いので、その程度でOKかも、ですが、、、。

     

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。