元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ714件目 / 全1681件次へ »

3/15までに回答するというFRBストレステストの思惑

22日夕、FRBが6つの米金融機関に対してストレステストを実施し、

結果を公表すると発表。

2008年下期の価格・金利動向に加え、

「欧州のソブリン債および金融セクターの急激な価格変動」などを想定。

 

この想定を受けた場合の財務状況を来年1月8日までに報告させ、FRBが審査。

 

銀行は2012年1月9日までに資本計画を提出するよう求められており、

FRBは銀行に対し3月15日までに回答。

**************************************

 

これが、吉と出るか凶と出るか。

はたまた、その結果を素直に信じていいものか?

 

もしも米国が、対ロス茶対策としてユーロ潰しに走るとみると、

このストレステストでとても悪い結果を出しておいて、

欧州のせいで米国が破綻しましたと、

ちゃっかりしっかり、あのアメロの登場なのかもしれない。

 

それとも、いやいや欧州の影響はほとんどなく、

米国ドルは腐っても鯛ということを強調して、

ドルを買わせるのだろうか?

 

しかし、オバマはドル安を希求しており、

その前提が固いとなると前者の可能性の方が高いのではないか?

 

それとTPPに絡めると、

カナダ・メキシコだけでなく、

環太平洋の含有をも想定したアメロ構想になる可能もあるだろう。

 

ユーロが崩壊していく中、このアメロ構想はうまくいくのだろうか???

 

まぁいずれにせよ、

世界統一政府の足掛かりを築こうと、

ロス茶とロック笛が双方で暗闘しているようにみえる。

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/11/24(07:18)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。